台風前に猫と遊んでおく(2)


福生市の猫

 台風が通り過ぎたので、今日はだいぶ暑くなったらしい。猫の熱中症対策のため、我が家では今シーズン初めて冷房を自動運転にして仕事に出た。日中は仕事しているから、どれだけ暑かったか分からないが、家に帰ってきて2階に上がったら、室温が35℃以上になっていた。うちは西向き高台に建っているので、2階は午後の室温の上がり方がハンパない。だから去年の夏から居室を1階に移したわけだが、それだけで夏の電気代が月あたり4,000円近く安くなった。
 そんなわけで朝から天気は良かったが、あいにく今朝は寝坊してしまって、出勤前の猫散歩ができなかった。昨日の散歩の残りがまだたくさんあるので、今日は続きの猫たちを紹介しとく。
福生市の猫

福生市の猫

 予想通り民家の敷地に入ってしまった黒白。しばらくその場に留まってくれたので、写真はゆっくり撮れたけど。
福生市の猫

 道中色々寄り道したせいで、広い原っぱに到着したのは、出発してから約2時間後。雨がぽつぽつ降ってきたので、引き上げようかと思っていたら、どこからか猫が1匹現れた。
福生市の猫

 緩やかな坂を一直線に降りて行く。何か目的があって歩き回っている感じ。
福生市の猫

福生市の猫

 特に怖がる様子もないので、一緒について行くと、もう1匹が道端で寛いでいた(動画あり)。
福生市の猫

 「あら、侵入者ね」
福生市の猫

 「あなたのお知り合い?」
福生市の猫

 「どうした、何かあったか?」
福生市の猫

 「おお、不審者じゃないか。こういう場合はだな」
福生市の猫

 「速やかに逃げるが勝ちだ」
福生市の猫

 「ちょっと前を失礼しますよ」
福生市の猫

 「パートナーはもう少し慎重に選んだ方が良かったかしら」
福生市の猫

 次第に雨が強くなってきたので、逃げ場のない原っぱから一旦撤収して、とある児童公園に避難したら、庇の下に先客がいた。
福生市の猫

福生市の猫

 一緒に並んで雨宿りしようかと思ったけど、拒否られてしまった。
福生市の猫

 しばらく一人で雨宿りしていたが、台風が近づいているのだから、待っていても止まないだろうという結論に達して、再び自転車を漕ぎ出した。さっきの3匹はまだいるかなと思って、原っぱを見渡しながら走っていると、黒白が座ってこちらを眺めていた。
福生市の猫

福生市の猫

 「怪しいのが近づいてきたな」
福生市の猫

 「……でも、美味しいものを持っているかも知れないな。どうしよう、逃げた方がいいのかな」
福生市の猫

 「そのニンゲンは美味しいものなんか持ってないわよ」
福生市の猫

福生市の猫

 「誰かがここを通るたびに、何度も糠喜びさせられてるから、私には分かるの」
福生市の猫

 「そうかなあ」
福生市の猫

 「雨が降ってきたから、今日のご飯はお預けかな。お腹が空いたなあ」
福生市の猫

関連記事一覧

  1. 秩父市の猫
  2. 国立市の猫
  3. 渋谷区の猫
  4. 日野市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 八王子市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 昭島市の猫
  2. 新宿区の猫
  3. 多摩市の猫
  4. 川崎市の猫

    2020.5.29

    三毛二態
  5. 小金井市の猫
  6. 日野市の猫
  7. 昭島市の猫
  8. 相模原市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP