短毛も長毛も伸びる夏


昭島市の猫

 性に合わなければガラケーに戻すつもりで、先月から某中国製ニセiPhoneでお試ししていたんだが、粗悪なリチウムイオン電池が爆発の兆しを見せていたので、2~3日前からホンモノのiPhone 5sに切り替えた。スマホを使うことにした主な理由は、電話、メール、ウェブといった基本機能のほか、(1)sshクライアントで自宅のサーバを操作できること、(2)IPカメラで留守番中の猫たちを監視できること、(3)それらが約1,000円/月で満たせること、などだ。MVNOなのでキャリアメールではなくなるが、自分ちにサーバがあるから、アドレス自体はいくらでも発行できる。こちらから電話することも滅多にないので、当面は050のIP電話で行くことにした。
 まあそんなことはどうでもいいんだが、今日も酷暑の下で猫探し。モノレールを降りて散歩を開始したのは10時半すぎだったが、気温はすでに33℃を超えていて日差しも強く、見つかったのはこのような風体の子。
立川市の猫

立川市の猫

 ゆっくり1号のねぐらにも寄ってみたが、暑さを避けてどこかに隠れているらしく、不在。代わりに見つけたのも、やっぱり車の下だった。
立川市の猫

 屈んでカメラを構えると、滝のように汗が落ちてくる。日なたでこんなことをしていたら、3分ほどでぶっ倒れそうなので、早々に撤収。
立川市の猫

 涼しげな(でも普通に暑い)玄関先に黒白あり。
立川市の猫

 伸びていたのはチョビ1号。呼ぶと投げやりな感じで返事するが、動く気まったくなし。
立川市の猫

 その近くには相方の白もいた。こんな日でも道路のまん中にいたりするんだな。白だから割と平気なのかな。
立川市の猫

立川市の猫

 逃走を図ったため追跡してみた。普段はもう少し人懐っこいんだけど、今日はダメみたい。
立川市の猫

 ワイシャツからスラックスから汗でびしょ濡れになって帰宅したのは12時半すぎ。家の前では隣家の猫が伸びていた。
昭島市の猫

 こいつは猫界のフルアーマー、ペルシャ猫。毎年この季節は生ける屍と化す。
昭島市の猫

関連記事一覧

  1. あきる野市の猫
  2. 日高市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

管理人の病気加療のため、7月7日(火)から1週間程度、ブログをお休みいたします。再開時期はTwitterでご案内いたします。毎日7:00に過去の記事がランダムにツイートされますので、お休み期間中は併せてそちらもお楽しみください。

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫

    2020.7.6

    療養生活へ
  2. 昭島市の猫
  3. 八王子市の猫

    2020.7.4

    雨見散歩
  4. 川崎市の猫
  5. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  6. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  7. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP