短毛も長毛も伸びる夏


昭島市の猫

 性に合わなければガラケーに戻すつもりで、先月から某中国製ニセiPhoneでお試ししていたんだが、粗悪なリチウムイオン電池が爆発の兆しを見せていたので、2~3日前からホンモノのiPhone 5sに切り替えた。スマホを使うことにした主な理由は、電話、メール、ウェブといった基本機能のほか、(1)sshクライアントで自宅のサーバを操作できること、(2)IPカメラで留守番中の猫たちを監視できること、(3)それらが約1,000円/月で満たせること、などだ。MVNOなのでキャリアメールではなくなるが、自分ちにサーバがあるから、アドレス自体はいくらでも発行できる。こちらから電話することも滅多にないので、当面は050のIP電話で行くことにした。
 まあそんなことはどうでもいいんだが、今日も酷暑の下で猫探し。モノレールを降りて散歩を開始したのは10時半すぎだったが、気温はすでに33℃を超えていて日差しも強く、見つかったのはこのような風体の子。
立川市の猫

立川市の猫

 ゆっくり1号のねぐらにも寄ってみたが、暑さを避けてどこかに隠れているらしく、不在。代わりに見つけたのも、やっぱり車の下だった。
立川市の猫

 屈んでカメラを構えると、滝のように汗が落ちてくる。日なたでこんなことをしていたら、3分ほどでぶっ倒れそうなので、早々に撤収。
立川市の猫

 涼しげな(でも普通に暑い)玄関先に黒白あり。
立川市の猫

 伸びていたのはチョビ1号。呼ぶと投げやりな感じで返事するが、動く気まったくなし。
立川市の猫

 その近くには相方の白もいた。こんな日でも道路のまん中にいたりするんだな。白だから割と平気なのかな。
立川市の猫

立川市の猫

 逃走を図ったため追跡してみた。普段はもう少し人懐っこいんだけど、今日はダメみたい。
立川市の猫

 ワイシャツからスラックスから汗でびしょ濡れになって帰宅したのは12時半すぎ。家の前では隣家の猫が伸びていた。
昭島市の猫

 こいつは猫界のフルアーマー、ペルシャ猫。毎年この季節は生ける屍と化す。
昭島市の猫

関連記事一覧

  1. 所沢市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 横浜市の猫
  4. 福生市の猫
  5. 川崎市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 八王子市の猫
  2. 調布市の猫

    2020.4.7

    お焦げさん
  3. 府中市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 相模原市の猫

    2020.4.2

    童顔三毛
  6. 立川市の猫

    2020.3.31

    桜と茶トラ
  7. 日高市の猫

    2020.3.30

    和平成る
  8. 多摩市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP