午後からのとりとめのない散歩


川崎市の猫

 今日は午後から仕事絡みで川崎へ行く用があり、天気もぐずついていたので猫は無理かなと思っていたが、夕方から時間ができたので市内の猫をぽつぽつと撮影してきた。ちなみに一口に川崎市と言っても、あるエリアは巨大臨海工業地帯、またあるエリアは赤線・青線時代からの歓楽街など、多種多様な顔を持つ個性的な街だ。昨日の記事で紹介した猫たちも、冒頭の黒煙邸以外はすべて川崎市内であり、そこは中心駅の川崎から電車で1時間もかかる山の中で、その一帯には閑静なニュータウンが展開している。このブログを始めてからというもの、俺は川崎市内に住んだことも勤めたこともないが、今まで会った猫を市区町村で分類したら、恐らく川崎市内がダントツで多いと思う。川崎は清濁併せ呑んだ多面体の街で、なおかつとても細長いのである。
 今日はくたびれ果てているので手短に。所用を終えてソリッドスクエアから放り出され、小雨のぱらつく中をとぼとぼと歩き出したのは14時ちょうど。1匹目を見つけたのは20分後だったが、川崎というのは猫密度の高い街で、ターミナル駅という点を考慮しても少し時間がかかった方だ。
川崎市の猫

 今日は久しぶりのお湿りだけど、がっつり降ってくれないから単に蒸し暑くなっただけ。まあそれでも沿岸なので、この時点で28.5℃ほどと数値上は穏やかだ(横浜アメダス)。
川崎市の猫

川崎市の猫

 地面でお腹を冷却していたのは長毛ポイント三毛。真夏日にならなくても暑苦しい出で立ち。
川崎市の猫

 簡易宿泊所の窓辺に猫が張り付いていた。
川崎市の猫

 板を渡して猫が歩きやすいようにしてある。きっとここの子なんだね。
川崎市の猫

 駐輪場の隅で自転車を嗅ぎ回る猫発見。
川崎市の猫

 毛色は茶渦、いわゆる一つのred classic tabbyというやつ。久しぶりに見たかも。
川崎市の猫

 警戒心の強い猫で、接近するのはこれが精一杯だった。
川崎市の猫

 バスに乗って臨海工業地帯へ移動。何度か訪れたことのある無人駅を覗いてみると、高みで白が寛いでいた。
川崎市の猫

川崎市の猫

 かつてここには何匹もの猫が暮らしていたが、今はこの子ぐらいしか残っていないようだ。2017年5月に初めて会った猫だが、5年もここで暮らしていることに驚愕する。重工業の大きな工場が無数に犇めき、埋め立て地で水もないこの土地は、猫が暮らすには極めて厳しい場所だからだ。
川崎市の猫

 工業専用地域の中に住居が建つ不思議空間。今日は黒が1匹だけかな。
川崎市の猫

 訝しそうにこちらを見ている。雰囲気で他所者って分かるんだろうな。
川崎市の猫

川崎市の猫

 他所者の侵入を察知して、むしろ近寄ってくるのもいるから猫って不思議。
川崎市の猫

川崎市の猫

 この辺りで首輪をつけている猫はとても珍しい。多少は待遇もいいのかしら。
川崎市の猫

 電気機関車の通過を眺めていた猫。カメラに気づいて少し驚いているところ。
川崎市の猫

 近寄ったら目を細めた。
川崎市の猫

川崎市の猫

 ほかの2匹も顔見知り。茶トラはお腹が重いせいか、挙動がいつもクネクネしている(一例)。
川崎市の猫

 最後にサビを撫でて今日の猫はおしまい。ここから自宅まで2時間半かかることを思い出して気絶しそうになった。
川崎市の猫

関連記事一覧

  1. 八王子市の猫
  2. 八王子市の猫
  3. 調布市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 大月市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 横浜市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 横浜市の猫
  7. 国立市の猫
  8. 川崎市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP