南武線猫行脚18(中野島→稲田堤)


川崎市の猫

 世の中は三連休だったらしいが、交代勤務の俺は今日一日だけのお休み。天気予報では雲が優勢とのことだったので、涼しいことを期待して、朝から南武線猫行脚に出かけてきた。なお、結果から先に書くと、今日は猫関係業務のついでに寄りたいところがあったため、駅間距離1.4kmしかないところ、20,000歩15kmに及ぶ長大散歩になってしまった。猫の方も芳しくなく、幸区や川崎区でわんさか遭遇したことを考えると、とても同じ川崎市内とは思えない猫密度だった。ま、少ないながらも楽しい猫たちだったけれども。
 家を出たのは6:20。写真を撮るにはまだ暗い中、近所の路地で久しぶりにシャム混1号に会った。
昭島市の猫

 いつもなら鈴の音とともに現れるが、今日は無音。よく見たら鈴が背中に回っちゃってた。
昭島市の猫

 唐突に、黒いの発見。
川崎市の猫

 小トトロ的たたずまいでこちらを眺める黒。メイちゃんになった気分だな。
川崎市の猫

 近寄ったらもう1匹いた。
川崎市の猫

川崎市の猫

 人懐っこくはないけど、逃げもせずにこちらを眺めている。時刻はちょうど8時で、朝ご飯を期待させる時間帯だったかな。
川崎市の猫

 左側の子はブルーかシルバーか微妙だなあ。ちなみに、キジ色(ブラウンタビー)が全体的に薄まって、黒縞部分が濃灰色に、褐色部分が薄灰色に変化したのがブルータビー。一方、シルバータビーは、黒縞はそのままで、褐色部分から黄色味が抜けて薄灰色になる。要するに、両者は縞の濃さで見分けられるわけだが、両方の特徴を兼ね備えたブルーシルバータビーというのもいるからややこしい。なので、このブログでは、どちらもまとめて「サバトラ」「サバ渦」などと分類している。
 黒い方は胸元に白斑ありだから、単なる黒白だな。
川崎市の猫

 「何だよ、その素っ気ない言い方は」
川崎市の猫

 手すりに乗って抗議のデモンストレーション中。
川崎市の猫

 振り返るとサバ渦君も乗っかっていた。高いところが好きな2匹だった。
川崎市の猫

 さっきの2匹に会ったのは、散歩開始から1時間後。そしてさらに1時間半が経過して、ようやく次の猫たちに遭遇した。起伏の多い土地を歩き回って死にそうだったけど、見つけた時は嬉しくて、疲れなんか忘れてしまう。人懐っこかったりするとなおさらだ。やっぱり俺、メイちゃんの素質があるのかな。
川崎市の猫

川崎市の猫

 夫婦者かと思ったけど、毛色がそっくり。兄妹のようだね。
川崎市の猫

 試しに呼んでみたら、一緒に草むらから出てきた。
川崎市の猫

川崎市の猫

 とても仲のいい2匹。でも俺は蚊帳の外。
川崎市の猫

 「一緒に遊びたいなら、素直にそう言えばいいのに」
川崎市の猫

 「ほら、おいでー」
川崎市の猫

 見つけた数こそ少なかったものの、楽しい猫たちに会えて、満足してゴール地点に到着。電車に乗る前にメシでも食べようと思って、踏切を渡ろうとしたら、まさかの1匹に遭遇した。
川崎市の猫

 カメラを構えたら、車の下から飛び出て、敷地の奥に行ってしまった。
川崎市の猫

 そしてさらに線路端へ。第一印象が良くなかったみたい。
川崎市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 日野市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 八王子市の猫

    2020.2.24

    夕張とは違う
  3. 府中市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 相模原市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  8. 昭島市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP