残り1市


調布市の猫

 飛び飛び勤務が一段落して、明日から3連休。解放された気分で夜勤が明けた帰り道は、少し足を伸ばして狛江から調布まで歩いてみた。
 勤務地が立川だったり八王子だったりするので、俺が猫を探して散歩するのも多摩北西部が中心だ。多摩南東部はアクセスが悪くてなかなか行けないが、それでも猫散歩を始めてから4年近く経って、未踏の市も残り少なくなってきた。今日歩いた狛江市と調布市も初めての街で、これをクリアしたら、都下(島嶼を除く)で残るのは西東京市だけとなる。
 結論から書くと、今日の成果は4匹。私有地にいたり逃げられたりして撮影できなかったのが9匹。歩いた距離(約8km)からすれば、猫影は濃い方だったが、スルーが多かったのは残念だった。
 唐木田から小田急に乗って、狛江に着いたのは11時ちょうど。仕事でもプライベートでも猫でも初めての街だったが、想像していたよりは開けていた。1匹目に遭遇したのは20分後。
狛江市の猫

 行き止まりの路地で日なたぼっこ中の二毛。近寄ったら敷地に隠れてしまった。
狛江市の猫

 狛江市内ではほかにも4匹ほど見かけたが、いずれも逃げられてしまって撮影不可。次の猫を見かけたのは、さらに40分歩いて、調布市内に入ってからだった。
調布市の猫

調布市の猫

 にゃあにゃあ鳴いて人懐っこいキジ白。
調布市の猫

 尻尾の付け根を撫で回していたら、感極まって、ごろーん。
調布市の猫

 ごろーん。
調布市の猫

調布市の猫

 可愛いねえ。
調布市の猫

調布市の猫

 しばらく足を止めて遊んでところへ、飼い主のおばさんが戻ってきて、そちらに駆け寄っていった。家の前で待っていたんだね。
調布市の猫

 階段下にも1匹発見。
調布市の猫

 この辺りでも数匹見つけたが、いずれも逃げられたり、家の中に入ってしまったりで、なかなか撮影に至らない。
調布市の猫

調布市の猫

 最後は猫サーチパワーで捻り出した感のある写真。道路の向こうに草むらにキジ白が佇んでいた。
調布市の猫

 とりあえず狛江と調布はクリアしたけど、スルーが多すぎて、悔いの残る散歩だった。いずれまた挑戦する。
調布市の猫

関連記事一覧

  1. 和光市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 日野市の猫
  4. 世田谷区の猫
  5. 立川市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 多摩市の猫
  2. 川崎市の猫

    2020.5.29

    三毛二態
  3. 小金井市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 相模原市の猫
  7. 立川市の猫
  8. 立川市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP