梅の二叉


川崎市の猫

 春らしい、暖かくて穏やかな天気が続いているというのに、猫探しの方はここのところ絶不調だ。恐らく俺が季節の移ろいに鈍感で、探すべきところを誤っているからだと思う。冬場は屋根や庇など日当たりの良いところにいることが多いが、暖かくなってくると、居場所は地面の近くや日陰に移る。そうした変化に俺が追いついていないのだと思う。
 動物が環境の変化に敏感なのは、過ごし方を誤ると、命に関わるからだ。人間は、なまじっか死の概念を持っているから、逆にそうした鋭敏さを発揮できないのではないだろうか。自分が死ぬのが今日か明日かなどと考えていたら、おっかなくてやってられない。無意識にでも「当分死なない」と思い込んでいないと、生活が成り立たない。だからむしろ、いざ生死を分けるような場面に差しかかった時の対応が、非常にどんくさい。
 ……まあそんなことはどうでもいいんだが、昨日は谷保から立川まで歩いて、カメラに収まったのはたった3匹(他地区1匹、逃亡5匹)。歩いている時から超絶偏頭痛に見舞われたため、へろへろになって家に帰り、24時間ほどうなされて、今日の夕方になってやっと回復した。これだけ頭が痛ければ、動物なら穴に入って丸くなるところ、無理して歩き回るあたりが、人間の危機感のなさなんだろうなあ。
川崎市の猫

 裏階段でのんびり中の黒白。谷保に向かう途中、稲田堤で乗り換えしている時に見つけた。
川崎市の猫

 アプローチがまずかったらしく、塀の上に逃げてしまった。近くにはほかにも2匹の黒白がいたが、どちらもあえなく逃亡。
川崎市の猫

 谷保から散歩を始めたものの、見事と言うほかないぐらい見つからなかった。途中、白と黒白の住む木道の公園に寄ってみたが、3月10日に終わるはずの工事がまだ終わらず、2匹の姿もなかった。ようやく1匹目に遭遇したのは、何と羽衣町に入ってから。この時点でもう頭が痛くなっていた。
立川市の猫

立川市の猫

 安楽椅子で安楽モードのオッドアイ。いてくれて助かったよ……。
立川市の猫

 梅の花咲く七三ロード。幾重にも分かれた枝や幹は、子供たちの格好の遊び場だった。かつてのそんな情景を覚えているのかいないのか、今日も婆さんが佇んでいる。
立川市の猫

立川市の猫

 骨組みだけになった猫置き場から、元来た道を振り返ると、車と壁の隙間に母がいた。
立川市の猫

 2日間で、現在残る七三ファミリー3匹に会えた。でも、ここら辺で猫を見ることはほとんどなくなったから、これからは、来る機会は減っていくかも知れない。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 福生市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 静岡市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 八王子市の猫

    2020.2.24

    夕張とは違う
  2. 府中市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 相模原市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  7. 昭島市の猫
  8. 日野市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP