ニュータウンはニャータウン


八王子市の猫

 6月から使っているPENTAX KPというカメラは、ミドルクラスでありながら強力な手ぶれ補正機能を備えている。ボディ内補正なので古いレンズでも効いてくれて、例えば親が学生時代に買った50年前のレンズでも、余裕で使えてしまうのが嬉しい。高感度性能も上がっていて、以前ほど冬の朝に「暗い」「色が乗らない」と悩むことが少なくなり、とても助かっている。
 そんなわけで、今朝はやや雲が出て日が翳りがちなところ、南大沢~職場という、滅多に訪れることのないニュータウンエリアを散歩してみた。ひたすら登りの片勾配で、そんなコースを新規開拓しても徒労に終わるのではないかと危惧したが、幸い何匹かの猫に会うことができた。
 1匹目は橋の下に見える猫耳から。
八王子市の猫

八王子市の猫

 南大沢というのは起伏に富んだ街で、地図では読み取れない立体交差が多く、本当はここも橋の上を歩いている予定だった。怪我の功名でこの子に会えたから良かったけど。
八王子市の猫

 2mほどのところまで接近。ルディっぽい毛色の霜降りなので、アビシニアンかも知れない。
八王子市の猫

 森の切れ間に猫発見。
八王子市の猫

八王子市の猫

 姿勢を低くして警戒している。毛色は一見サバトラ(銀トラ)のようだが、額の辺りに薄いレッドが見えているので二毛。ティッピングがあるせいで全体的に白っぽく見える。
八王子市の猫

 早々に逃亡した二毛と入れ違いに出てきたのは茶トラ。ここは隠れる場所が無限にあるから、もっとたくさん潜んでいるのかも知れない。
八王子市の猫

八王子市の猫

 丘陵地の団地で猫発見。
八王子市の猫

 しゃかしゃか。
八王子市の猫

 逃げないで話を聞いてくれっ。写真を撮らせて欲しいんだ。
八王子市の猫

 「怪しいヤツだな。大方撮った写真を高く売りつけるんだろう?」
八王子市の猫

 違う違う、むしろお礼に高級カリカリを進呈するから、一つ頼むよ。
八王子市の猫

 「ますます怪しい」
八王子市の猫

 最後の猫は茂みから出て日に当たっていた三毛。
八王子市の猫

八王子市の猫

 多摩ニュータウンは緑地帯が多く、特にこの季節は紅葉が素晴らしいんだが、坂が多すぎて、日常的に訪れるのは難しい。もう少し条件の良い日にまた来てみて、猫にたくさん会えるようなら、定番コースに加えないでもない。
八王子市の猫

関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 青梅市の猫
  3. 朝霞市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 府中市の猫
  6. 国立市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 八王子市の猫
  2. 調布市の猫

    2020.4.7

    お焦げさん
  3. 府中市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 相模原市の猫

    2020.4.2

    童顔三毛
  6. 立川市の猫

    2020.3.31

    桜と茶トラ
  7. 日高市の猫

    2020.3.30

    和平成る
  8. 多摩市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP