草を食むゴメン顔


国立市の猫

 寝坊するつもりで寝ていたら本当に寝坊して、目が覚めたら正午近くで雨まで降っていた。もともと今日は散歩をお休みして、その代わり食材の買い出しや家の掃除をするつもりでいたので、面倒に思いつつも買い出しだけは予定通り済ませた。掃除はどうでもいいとしても、食べるものがないと、お腹が空いて死んでしまうからだ。こんな雨の日は我が家の2匹も大人しくて、盛大に遊んでやろうと思っていたのに、あまり相手してくれない。仕方がないので、どら焼きを食べながら、だらだらとこの文章を書いている次第である。
 今日紹介するのは一昨日の夜勤前に会った猫たち。この日は緑道経由で西国立まで歩いた。
立川市の猫

 1匹目はシルエットだけ。本体(キジトラ)はすたこらさっさと逃げてしまった。
立川市の猫

 定点の猫駐車場。奥の方に3匹ほど集まっていた。
国分寺市の猫

 右側は常駐のゴメン顔。左のキジ白は初めて見る顔だ。
国分寺市の猫

 久しぶりだね。元気そうで良かったよ。
国分寺市の猫

 機嫌も良さそうだ。挨拶代わりに、ごろーん。
国分寺市の猫

 ぐあー。
国分寺市の猫

 可愛いねえ。
国分寺市の猫

国分寺市の猫

 キジ白はオッドアイ。ずっとここで暮らしているような風格で、ほかの2匹が手下のように見えてしまう。車の下のサバトラは古参のメンバーで、しばらく見かけなくて心配していたが、元気にしているようだ。
国分寺市の猫

国分寺市の猫

 こいつは天真爛漫だな。新メンバーが加わったとなると、色々と勢力争いがあったと思うんだがなあ。
国分寺市の猫

「そんなことないよ。僕たち仲良くやっているよ」
国分寺市の猫

「お前、顔で判断しているだろう」
国分寺市の猫

 ゴメン顔は草を食べ始めた。平和そうで何より。
国分寺市の猫

 緑道にはゴメン顔が少なくとも3匹いる。次の定点に差しかかると、タイミング良く2匹目が出てきていた。
国立市の猫

 君も久しぶりー。
国立市の猫

国立市の猫

 さっきのゴメン顔とは毛色や顔つきだけでなく、挙動や人懐っこいところまでそっくりだ。拠点は300mほど離れているが、密かに両者は兄弟ではないかと思っていたりする。
国立市の猫

 こちらも草を食べ始めた。これ絶対兄弟だってば。
国立市の猫

 緑道を踏破したあとは時間切れとなり、早足に西国立駅へと向かっていると、足元からこちらを見上げる視線に気づいた。
立川市の猫

立川市の猫

 いつもの猫路地には青目の白がいた。
立川市の猫

立川市の猫

 機嫌が悪そうだな。指出したら引っかかれそうだな。
立川市の猫

 道路向かいには黒もいた。こちらは機嫌が悪いというより警戒しまくり。
立川市の猫

 近寄った分だけ奥の方に行ってしまう。猫の場合、一度こうなってしまうと、考え直してもらえる可能性はゼロなので、さっさと諦めて駅に向かった。後半はちょっと駆け足だったかな。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 府中市の猫
  3. 川崎市の猫
  4. 奥多摩町の猫
  5. 福生市の猫
  6. 八王子市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫

    2020.10.28

    顎の裏
  2. 昭島市の猫
  3. 府中市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 奥多摩町の猫
  7. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  8. 日野市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP