御岳と梅郷


青梅市の猫

 お昼ごろから雨が降るというので、今日も早起きして、午前中から山の方に出かけてきた。結果的に雨が降り出したのは18時前からで、最近ウェザーニューズの天気予報は調子が悪いようだ。
 今日の目的地は御岳と吉野梅郷。御岳の山腹に住む猫たちの様子を見に行きたかったのと、梅郷の梅の木がどうなったか気になっていた。ウメ輪紋ウイルス対策のため、吉野梅郷やその周辺では、相当数の梅の木を伐採したはずだった(去年の記事)。
 家を出たのは8時半すぎ。ちょうど通勤時間帯だったので、羽村あたりまでは立ち客もあったが、それを過ぎるとガラ空きになった。うちの最寄り駅も御嶽駅も同じ青梅線だが、青梅で運用が分断されているため、青梅以遠に行くには乗り換えを強いられる。4両編成の奥多摩行きは5分の接続で発車。この時期、観梅の老人が大挙して乗ってくるはずの車内は閑散としていて、日向和田で降りる客もまばらだった。
 御嶽駅から散歩を開始したのは9:15。急峻な河岸断崖に住む猫たちに会えるかなと思って、下り坂の細い路地を覗いてみると、道端に座っているのを見つけた。
青梅市の猫

青梅市の猫

 あ、バレた。ここの猫はみんな恐がりだから、気づかれる前にもう少し近寄りたかったな。
青梅市の猫

 やっぱり……。
青梅市の猫

 そんな様子を眺めているのもいた。
青梅市の猫

 毛が長めのキジトラ。去年の春先に会った子かなと思ったけど、あれほど長くはなかった。
青梅市の猫

 擁壁の上に佇むキジ白発見。
青梅市の猫

 このほかにもたくさんの猫が走り回っていたけど、みんな臆病で逃げられてばっかり。崖だけに、よじ登れるよう角度じゃないので、追うに追えない。
青梅市の猫

 河川敷に向かって山道を下りていると、頭の上からこちらを窺う視線あり。
青梅市の猫

青梅市の猫

 頑張って近づこうと思って、斜面に取り付いた途端、ダッシュで逃亡。猫って上の方に逃げるのね。
青梅市の猫

 その後、川を渡って山腹トリオの駐車場に行ってみたものの、落ち葉かきの爺さん以外に人影はなく、諦め切れずに隣の沢井駅まで歩いても結果は変わらなかった。
 沢井から上り電車に乗って、次に降りたのは石神前。すでに正午近くになっていて、猫的には厳しい時間帯にもかかわらず、駅から数分歩いたところで猫発見。
青梅市の猫

 呼ぶと「にゃあ」と返事するけど、近寄っては来ない。
青梅市の猫

 梅の消えた梅郷に道行く人はほとんどなく、猫も所在なげにしていた。
青梅市の猫

青梅市の猫

 無目的に歩く人間を不審に思ったのか、塀の切れ目から黒白がこちらを眺めていた。
青梅市の猫

青梅市の猫

 細い路地だから、近寄るのは一直線。当然こうなるわな。
青梅市の猫

青梅市の猫

 すっかり警戒されてしまった。
 このあと丸裸になった梅の公園を見物して、ついでに3匹ほど逃げられて、14時半ごろ家に帰ってきた。
青梅市の猫

関連記事一覧

  1. 大田区の猫
  2. 立川市の猫
  3. 福生市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 三浦市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 奥多摩町の猫
  2. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  3. 日野市の猫
  4. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた
  5. 宮古市の猫
  6. 久慈市の猫
  7. 三鷹市の猫
  8. 立川市の猫

    2020.10.14

    猫の気配

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP