横丁で、にゃあ


立川市の猫

 お昼前後の散歩となる夜勤の出退勤時は、さすがにコートを着たら暑いだろうと思い、脱いで通うようになったが、今日は10℃前後までしか気温が上がらず、かなり寒かった。一転して明日は初夏の陽気になるというから、俺もう何着ていいか分かんない。
 お勤め帰りの猫探しは立川から。ラブホ1号の住む猫ラブホに寄ってみたが会うことは叶わず、線路をくぐって北側に回り、猫旅館を過ぎたあたりで今日の1匹目を発見。アメッシュとにらめっこしながらコースを選んだが、小雨のぱらつく中での散歩となった。
立川市の猫

立川市の猫

 普段は淋しい細い路地だが、日曜日だからか、割と人通りがある。バルコニーのキジトラが、飽きもせずに眺めていた。
立川市の猫

「人を眺めているんじゃないよ。猫を眺めているんだよ」
立川市の猫

 確かに、この路地は人通りより猫通りの方が多いかも。ボンネットの上に茶トラが乗っかっていた。
立川市の猫

 片目の茶トラは猫旅館のメンバー。しばらく会わないうちに、少し痩せたかな。
立川市の猫

 以前は荒れた小さな公園のあった道角。公園は改修工事を経て小綺麗になったが、猫の縄張りは盤石のようだ。
立川市の猫

 ここらでたまに見かけるキジ白。地面で会うのは初めてかも。
立川市の猫

立川市の猫

 さっきのキジ白のお立ち台はこちら。今日は代わりにキジトラがいた。
立川市の猫

立川市の猫

 カメラを取り出すのが悩ましい微妙な雨足の中、久しぶりに路地だらけの街にやって来た。桜の大木の下に猫発見。
立川市の猫

 あっ、待ってくれー。
立川市の猫

立川市の猫

 無数にある横丁の一つに入って一時停止。ここらが本拠地なのかな。
立川市の猫

「ご飯の時間だから、家に帰ってきたところだよ」
立川市の猫

 大きな声でにゃあにゃあ鳴く黒白。きれいな鉢割れと鼻黒には見覚えがあって、たぶん過去に2~3回会ったことのある子だ。
立川市の猫

立川市の猫

 細い横丁は猫パラダイス。ここでも黒白が鳴いていた。
立川市の猫

「お腹が空いたんですけどー」
立川市の猫

 隣の横丁からも、さっきの鼻黒の鳴き声が聞こえてきて、猫鳴き二重奏。ご飯の人はまだ現れない。
立川市の猫

「向こうはずいぶん賑やかだな」
立川市の猫

「でもどうせお前は手ぶらなんだろうな」
立川市の猫

 猫横丁でうろうろしているうちに、雨が本降りになってきた。バスを待つくらいなら猫を探そうと思って、モノレールの高松まで歩いてみたが、このあとは空振りだった。
立川市の猫

 その後、家に帰って、台所でコーヒーを淹れていたら、窓の外から猫の戦う声が聞こえてきた。窓から顔を出してみると、室外機の上に隣の家の猫が乗っかっていた。建物の陰にもう1匹いるらしく、たぶんそれはキジ白3号だ。
昭島市の猫

関連記事一覧

  1. 日野市の猫
  2. 八王子市の猫
  3. 小平市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 八王子市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 奥多摩町の猫
  2. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  3. 日野市の猫
  4. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた
  5. 宮古市の猫
  6. 久慈市の猫
  7. 三鷹市の猫
  8. 立川市の猫

    2020.10.14

    猫の気配

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP