キジ白デー


昭島市の猫

 今朝の出勤前の散歩は少し足を延ばして拝島駅周辺を歩いてみた。朝のうち厚い雲が残っていて、猫が起き出してくるには暗すぎたのか、シャム混1号や再開発ファミリーなどは相変わらず会えずじまい。おまけに遠くへ寄り道しているせいで、現地滞在時間が50分くらいしか取れず、慌てて歩き回っただけの散歩になってしまった。昨日に続いて今朝も可愛らしいのに会えたので、結果的には無理して出かけて良かったけれども。
 来客の気配を察して出てきたのはキジ白3号。
昭島市の猫

 「何か持っているはず」とばかりに、にゃあにゃあ鳴いて動かない。
昭島市の猫

 こいつは3年ほど前に毛並みが荒れた時期があり、当時住んでいた家の敷地で食べ物や飲み物を与えていたことがある。隣家のフルアーマー猫との折り合いが悪すぎて、短期間しか続けられなかったが、今でも覚えてくれているようで何となく嬉しい。
昭島市の猫

 それじゃあひとつまみだけね。家の人には内緒だよ。
昭島市の猫

 キジ白3号と別れて少し歩くと、民家の隙間に子猫発見。
昭島市の猫

昭島市の猫

 母と思しきキジ白がブロックする背後には、小さいのがもう1匹。キジ白の家族だ!
昭島市の猫

 ぱっつん頭の大白斑は初っ端から尻尾ぴーん。
昭島市の猫

昭島市の猫

 大きな生き物(俺)に興味津々の2匹。入れ替わりで様子を見に近寄ってくる。
昭島市の猫

 ぱっつん頭の方が人懐っこくて、体中を撫でくり回すことに成功した。
昭島市の猫

昭島市の猫

 また来るから、指の匂いを覚えておいてね。
昭島市の猫

 「うーん」
昭島市の猫

 「ちょっと貸してみな!」
昭島市の猫

 仁王立ちのキジ白君。どうやら指を一人占めしたかったらしく、しばらく嗅いだりつついたりしていたが、すぐに飽きて家族の元へ戻っていった。
昭島市の猫

関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 福生市の猫
  3. 銚子市の猫
  4. 多摩市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 小金井市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 相模原市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 府中市の猫
  8. 川崎市の猫

    2020.5.17

    サス残し

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP