開拓はお預けで


朝霞市の猫

 夜勤が明けて、お昼前の志木街道をとぼとぼ歩きながら、猫関係業務を続けるのはもう無理じゃなかろうかと、突如脱力感に襲われた暑い日。
 何とか気を取り直したものの、今の勤務シフトが続く限り、知らない土地の新規開拓は諦めた。休み前の夜勤明けぐらいしかまともに散歩できないし、今年は暑くなるのが異様に早いし、闇雲に歩いても消耗するだけだから、限られた時間がもったいない。体力がどうとか健康がどうとかでは全くなく、ただ単に猫に会いたいから俺は歩く。会えないなら会える工夫をするか、やめるかのどちらかしか選択肢にない。
 今日歩いた朝霞~新座で見かけたのは、民家の敷地に潜んでいた猫家族。
朝霞市の猫

 最初は茶トラ白だけと思っていたら、右奥に子猫が2匹潜んでいた。
朝霞市の猫

 尻尾が2本見えているのが分かるかな(マウスカーソルオンで位置表示)。子猫はこちらの気配に気づいて、覗いたり引っ込んだりしている。
朝霞市の猫

 ちょっと奥すぎて辛いので、敷地内立ち入りをお願いするつもりでピンポンしてみたけど、あいにく留守だった。
 ここは駅からかなり遠い上に、この母子のほかには1匹も見かけなかったので、また来る可能性は限りなく低い。かといってまったく気配がないわけではなく、とげとげ、ペットボトル、ネット、ご飯の皿など、猫の存在を示すものはいくらでも見つかるから悩ましい。
朝霞市の猫

関連記事一覧

  1. 川崎市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 八王子市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 日野市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫

    2020.2.28

    無関係な3匹
  2. 八王子市の猫
  3. 日野市の猫
  4. 八王子市の猫

    2020.2.24

    夕張とは違う
  5. 府中市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 相模原市の猫
  8. 立川市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP