ペルシャ顔で始まりペルシャ顔で終わる日


国立市の猫

 昨日は疲れていたので、床に入ったらすぐに寝つくと思っていたが、夜中になっても蒸し暑くてなかなか寝られなかった。最後に時計を見たのは1時すぎで、たぶんそれから30分ほどで寝ついたと思う。世間の夜更かしさんからすれば1時なんて普通だろうが、俺は起床が4時台で、なおかつ6~7時間寝ないとダメな人なので、1時だとかなり遅くて翌朝ヤバいレベルだ。
 そういうわけで、正直に7時間寝て、今朝布団から這い出たのは8時すぎ。天気予報を確認して、溜まりまくった洗濯物をやっつけて、ゴミ出しに外へ出たら、隣家の猫がだるそうな顔つきでこちらを眺めていた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 家の中でカメラに触れることはあまりないが、せっかくバッグから出したので、ついでに我が家の2匹も撮っといた。レンズはズミクロンもどきのRIKENON。描写は嫌いではないが、なにぶん古いレンズなので逆光には弱い。
昭島市の猫

昭島市の猫

 我が家の2匹は5月と6月が誕生日。マコちゃんは6歳、サチコは12歳になった。
昭島市の猫

 洗濯はしたものの、日中は雨がぱらつくとの予報で、外出するかどうかかなり迷った。今日中に乾いてくれないと、明日着る服がないからだ。気象庁の予想天気図やアメッシュなどを参照した結果、少なくとも15時ぐらいまでは持つだろうとの結論に至ったため、お昼前から猫探しの散歩に出かけることにした。明日は仕事のあと飲み会があるので、ブログは更新できない可能性が高く、2日連続の休載は避けたかったからでもある。
 行った先は府中本町。着いた時には12時半近くになっていて、いくつかの猫拠点に立ち寄ったものの猫の姿はまったくない。お昼寝タイムじゃ厳しいかなと思っていたら、草葉の陰からこちらを眺めているのがいた。
府中市の猫

府中市の猫

 少しの間、不審そうな顔でこちらを見ていたが、すぐに興味を失ったようだった。
府中市の猫

 瀟洒な民家で猫発見。
府中市の猫

 青い目の鉢割れチョコポイント。少し遠かったので、頑張って気を引いてみたけど、まったく動かない。
府中市の猫

 蒸し暑い昼下がりは猫影薄く、次に遭遇したのは分倍河原駅付近。巡回中と思しきキジトラがいた。
府中市の猫

 ちょっと待った! ここで記念撮影して行かない?
府中市の猫

 「今日は何かの記念日だったかしら」
府中市の猫

 「あなた怪しいわね。その写真、あとから高く売りつけるんじゃないでしょうね」
府中市の猫

 散歩は西府を過ぎて谷保へ。たまに覗く細い路地に三毛がいた。
国立市の猫

国立市の猫

 この子はとても人懐っこい子。前回会ったのは去年11月の南武線猫行脚の時だった。
国立市の猫

 ペルシャ顔で、薄色で、クラシックタビーという、印象的な風貌の子。
国立市の猫

国立市の猫

 縄張りを嗅ぎ回り中。
国立市の猫

 あのー、そろそろ懐に飛び込んできませんか?
国立市の猫

 「えー、どうしようかなー」
国立市の猫

 ごろーん。
国立市の猫

 路地を行く地元の人と挨拶を交わしながら、15分ほど遊んでもらった(動画はこちら)。雨には降られず、洗濯物も無事だったので、今日はいい日のまま終わりそうだ。
国立市の猫

関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 国立市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 国立市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 新宿区の猫
  2. 多摩市の猫
  3. 川崎市の猫

    2020.5.29

    三毛二態
  4. 小金井市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 昭島市の猫
  7. 相模原市の猫
  8. 立川市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP