一年後の俺へ


昭島市の猫

 2~3日前から「普通の夏」の気温に戻って喜んでいたが、散歩していると暑くて気絶しそうになるのは変わらない。殊に夜勤明けの散歩は、たくさんの猫に会いたいという気持ちとは裏腹に、数km歩いただけで体が軋んでくるようだ。来年の俺もたぶんこれを読むから、自分宛に書いておくが、真夏の散歩はほどほどにしておかないとホント死ぬぞ。
 今日は8時半の定時で仕事を終えられたので、職場から朝霞駅までと、立川から西立川までの、二つの区間を歩いてみた。最初の区間では猫に会えず、子猫の民家はちょうどご飯の時間で撮影はお預け。今日の1匹目は、立川駅近くの、お気に入りの三毛ちゃんちで見かけた茶トラ白。
立川市の猫

 訪れる時間が悪いせいか、最近三毛ちゃんを見かけない。会えないほど募る恋心。
立川市の猫

 茶猫タウン北にたどり着いたのは10時ちょうど。猫のお食事処となっている外階段で、お昼寝に入ろうとしている猫を発見。
立川市の猫

 ここらが縄張りのブラウンタビーポイントだった。機嫌悪そうだな……。
立川市の猫

 すでに伸びているのもいた。
立川市の猫

立川市の猫

 怪しい気配に気づいているのは、耳がこちらを向いていることで分かる。でも眠くて目が開かない。
立川市の猫

 道路向かいの門扉の下に髭が見えていたので、レンズだけ突っ込んでシャッターボタンを押したら、猫が写っていた。この子は眉間に少しだけ茶色が混じっているから、たぶん二毛。以前も会ったことのある子だ。
立川市の猫

 中はこんな感じ。いつの間にか、さっきのブラウンタビーポイントも来ていた。
立川市の猫

立川市の猫

「何してはりますのん」
「猫の写真を撮っているんですよ」
「あっ、タヌキや」
「いや、だから猫の写真を……」
「タヌキちゅう名前の猫なんよ」
 通りかかった関西訛りの主婦が教えてくれて、たまにここで見かける二毛の名前が「タヌキ」ということが分かった。猫散歩では色んな人との出会いもあって面白い。
立川市の猫

「ここにもおるんよ」と、その主婦が案内してくれた路地に猫の姿はなく、お礼を言って歩き始めると、外階段で伸びているのを見つけた。
立川市の猫

 ここらでたまに見かけるキジ白。さっきの奥さんは、あの子のことを言っていたのかな。
立川市の猫

立川市の猫

 散歩で見かけた猫は以上でおしまい。汗だくで家にたどり着くと、隣の家の敷地で長毛フルアーマー猫が毛繕いしていた。
昭島市の猫

 最後に暑苦しいものを見てしまったな。
昭島市の猫

関連記事一覧

  1. 川崎市の猫
  2. 八王子市の猫
  3. 川崎市の猫
  4. 小平市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 狛江市の猫

    2020.12.1

    灰色爺さん
  2. 日野市の猫
  3. 府中市の猫

    2020.11.29

    クロエさん
  4. 府中市の猫
  5. 昭島市の猫

    2020.11.27

    パイプの季節
  6. 日野市の猫

    2020.11.26

    不変の縄張り
  7. 日高市の猫
  8. 日高市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP