朝霞の茶系家族


朝霞市の猫

 今日は最高気温が20.6℃と、秋らしい爽やかな日だったらしい。「らしい」というのは、俺は夜勤明けで帰ってきて寝ていたので、日中のことは分からないからだ。朝のうちは15℃程度しかなく、昨日も書いたようにワイシャツだけだと少し寒かった。
 仕事の方はここのところ残業もなく、定時で帰れる日々が続いている。とはいえ拘束が12.5時間なので、仕事を終えるとそれなりに疲れていて、せっかく天気の良い朝だったのに、長い距離を歩くことはできなかった。今日あたりはだいぶ多くの猫が出ていたのではないかと思うんだけれども。
 散歩コースは職場~朝霞までと、青梅線の東中神~中神の2区間。1匹目の猫はアパートの敷地で日に当たっていた。
朝霞市の猫

 たまに見かける臆病なサバ白。日なたから動きたくなかったのか、今朝は割と近くまで行けた。
朝霞市の猫

朝霞市の猫

 いつもの猫路地で茶トラ白が毛繕い中。
朝霞市の猫

 一通り終わったあとは、目を細めてこちらを眺めていた。ここは行き止まりの路地で、車もあまり入ってこないから、住み心地が良さそうだ。
朝霞市の猫

 少し離れた場所にもう1匹。正面から撮ったので分かりにくいけど、こいつは茶トラではなく茶霜降り。
朝霞市の猫

朝霞市の猫

 毛色は似ているけど、関係は不明。ちなみに両親が茶色の場合は、生まれてくる子供もみんな茶色になる(カラーポイントやクリーム含む)。特に茶色のメスがいる地域は、茶色や二毛や三毛が多くなる。
朝霞市の猫

朝霞市の猫

 駅近くの猫民家。
朝霞市の猫

 今朝は見えるところに3匹いた。ここの猫も茶系の家族で、俺の知る限りでは、茶トラと茶トラ白と三毛で構成されている。
朝霞市の猫

 次の区間は東中神から。暑い時期なら10時にもなるとほぼ諦めモードだが、今朝はこの時間でも17℃ほどで、猫たちは日なたで寛いでいる。
昭島市の猫

昭島市の猫

 この子は顔見知りの子。ここから30mほど離れたところに自宅がある。
昭島市の猫

 その自宅に寄ってみると、トロ箱の上で黒いのが寛いでいた。
昭島市の猫

 鼻の頭を撫でたら出てきた。今までは無反応か逃げられるかだったけど、実は人懐っこい子だったみたい。
昭島市の猫

 アパートの向こう側に猫発見。
昭島市の猫

昭島市の猫

 向こうはとっくにこちらに気づいている。俺は幼稚園のころから気配を消すのが下手で、隠れんぼであっという間に見つかるなど、そのせいで受けた不利益は枚挙に暇がない。
昭島市の猫

 近寄ってみたら、この辺りに常駐している黒白だった。以前はもう少し活発に動き回っていたと思うんだが、今日はあまり元気がなかった。
昭島市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 福生市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 稲城市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  2. 日野市の猫
  3. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた
  4. 宮古市の猫
  5. 久慈市の猫
  6. 三鷹市の猫
  7. 立川市の猫

    2020.10.14

    猫の気配
  8. 八王子市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP