見守るダーリン


昭島市の猫

 夜勤の前後に猫散歩して、休日にも猫散歩すると、ほとんど切れ目なく更新できる反面、どこかで載せ切れない日が生じると、残った写真を差し込むことがなかなかできない。特にこの季節は好天が続くから、毎日が猫日和で、載せられなかった猫たちの出番は、なおさら遠のくことになってしまう。
 昨日の記事に2日分載せたのは、見つけられた数が少なかったことのほかに、こうした事情があったりもする。お陰で今日は今月1日に会った猫たちの出番がやってきた。この日は夜勤前の散歩で、冬晴れの青空の下を自宅から立川駅まで歩いたのだった。
 家を出て間もなく、塀の上で寛ぐ猫の背中を発見。時刻は14時ちょうどで、いちばん暖かい時間帯だから、この季節は日なたで寝ているのが多い。
昭島市の猫

昭島市の猫

 シャッター音に気づいて振り向いた。ちょっと寝ぼけまなこのキジトラ。
昭島市の猫

 団地の日だまりでごろごろしているのがいた。
立川市の猫

 気持ち良さそうにしているな。
立川市の猫

 引っ越してきてから、時々会うようになったオッドアイ。それなりに近寄れる子だが、まだ指の匂いで挨拶するには至っていない。手土産を持たないから、親睦を深めるには時間がかかりそうだ。
立川市の猫

立川市の猫

 道端で様子を窺う白い物体に遭遇した。
立川市の猫

 睨んでいるな。
立川市の猫

立川市の猫

 猫の視力は0.1程度だそうで、近視だから睨んでいるように見えるのかも知れない。矯正したらどうなるんだろう。
立川市の猫

 以前この近くで白猫を見かけた記憶があって、家に帰ってから調べたら、去年3月にも会っていた(鼻の頭の黒ポチで見分けられる)。自然繁殖に任せていれば、この辺りには白猫が増えるはずだが、そんな感じはしないので、去勢されているものと思われる。
立川市の猫

 出発してから40分ほどで茶猫タウンの外れに到達。屋根の上に1匹いるけど、分かるかな。
立川市の猫

 ほらいた。眩しいからか、上半身だけ日陰に入ってる。
立川市の猫

 近寄れないことが分かっているのか、余裕の表情。
立川市の猫

 一方こちらは地上付近の三毛。
立川市の猫

立川市の猫

 近寄ったら地面に飛び降りた。いつでも逃亡OK。
立川市の猫

 冬の穏やかな日差しは猫を誘い出す。茶猫タウン南を巡回中のキジ白発見。
立川市の猫

 時々ここらで見かける子。とても気の強い女の子。
立川市の猫

 線路端で日に当たる茶トラ白。
立川市の猫

立川市の猫

 先月見かけた、ビルの隙間で暮らす家族の一員だと思う。たまたま近くにいればいいんだが、一度見つかってしまうと、向こうから接近してくることはない。
立川市の猫

 この日最後の寄り道は、お気に入りの人妻三毛ちゃんち。珍しく門柱に乗っかって辺りを眺めていた。
立川市の猫

立川市の猫

 俺が勝手に気に入っているだけで、逃げない代わりに懐きもしない三毛ちゃん。不審者を見る目つきなのが切ないぜ。
立川市の猫

 敷地の奥にはいつも一緒の茶トラ白がいた。あれが旦那なんだろうな。
立川市の猫

立川市の猫

 一度だけ見かけた数匹の子猫は、それきり見ない。夫婦二人に戻って、庭は再び静かになったようだ。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 八王子市の猫

    2020.2.24

    夕張とは違う
  3. 府中市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 相模原市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  8. 昭島市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP