奥多摩・猫三昧(2)


奥多摩町の猫

 昨日の奥多摩猫散歩の続きということで、山間の集落の猫たち。昨日最後に載せた天空のキジトラが下りてきたので、アップで撮っといた。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 この日は何人かの町の人と立ち話もできた。急坂に面したこの巨大な民家は、築何百年なのか、家の人もよく分からないらしい。いちばん右側の建屋は兜造といって、養蚕に適した構造になっている。かつては茅葺屋根だったが、手入れが困難なのでトタン板を被せてあるそうだ。
 そもそも現在の日原街道(都道204号)ができる前は、氷川から日原に行くにはこの家の前の坂を登り、集落を抜けて険しい山道をただひたすら歩くしかなかった。日原から先は秩父との往来もあり、その歴史は室町時代ごろに遡るという説もある。何気なく猫と戯れている頼りなげな細道には、気が遠くなるほどの歴史が詰まっている。だから奥多摩は面白い。
奥多摩町の猫

 ……などと考えると、なんだか貴重な血筋の猫に見えてきたりして。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 そろそろバスの時間なので、おいとましようと坂道を下りていたら、最初に会った猫たちが見送ってくれた。ここはほかの集落とは分断されているので、この子たちは養蚕農家の「猫神」の末裔かも知れない。
奥多摩町の猫

 奥多摩駅行きのバスに乗って、終点の手前で途中下車。再び散歩を始めてほどなく、階段の上で昼寝中の三毛を見つけた。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 若いのか年取ってるのかよく分からないキジ三毛。起こして悪かったね。
奥多摩町の猫

 その先の草むらにも茶トラがいた。
奥多摩町の猫

 毛色に合った場所にいるもんだなあ。分かってやってるのかな。
奥多摩町の猫

 「俺たちが考えなしに行動してると思うなよ」
奥多摩町の猫

 民家の裏で親子猫が寛いでいた。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 子猫はあっという間に逃亡。お母さん1枚撮らせてよ。
奥多摩町の猫

 「……」
奥多摩町の猫

 旧道の細い道を行くと、民間の玄関先に茶色いの発見。クラシックタビーだね。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 そしてようやく駅前に到着。商店の店先で黒白2匹が店番していた。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 兄弟かな。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 家に帰ったのは13時前。屋根の上でシャム混1号が昼寝していた。
昭島市の猫

昭島市の猫

関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 府中市の猫
  3. 新北市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 川崎市の猫

    2020.6.6

    夏の始まり
  2. 府中市の猫
  3. 日野市の猫

    2020.6.4

    鉄道沿線
  4. 昭島市の猫
  5. 新宿区の猫
  6. 多摩市の猫
  7. 川崎市の猫

    2020.5.29

    三毛二態
  8. 小金井市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP