戦う兄妹


立川市の猫

 猫撮影専用機と化している俺のカメラ(PENTAX K-5)は、シャッターユニットの耐久性が100,000ショットだそうで、2012年に買った時はそこまで使い倒すつもりはなかったが、さっき確認したら134,000ショットになっていた。そうこうしているうちに、メーカーからは後継機種がいくつも出て、今となってはずいぶん古く感じられるようになってしまった。俺が好きなのは猫であってカメラではないので、撮影機材に対するこだわりはあまりない。高画質を追求すればするほど、機材は重く大きくそして高価になるから、どこかで線を引かなければ切りがない。毎日肩にぶら下げて長い距離を歩くものなので、機材は1gでも軽くなるよう工夫しているが、それでもカメラは世代が変わるごとに少しずつ重くなっていく。未だに古いK-5を使い続けているのは、これ以上荷物を重くしたくないからでもある。
 まあそんなことはどうでもいいんだが、今日の夜勤は忙しいことが予想されるので、猫の方は先日のサイクリングの続きを紹介する。
 某巨大公園を通り抜け、黒白家族の住む団地にたどり着いたのは11時半すぎ。今まで何度か会ったことのある母や娘のほか、1年半ぶりとなる息子にも会えて喜んだのが前回まで。3匹混ぜこぜでごろーんの歓迎を受けたのだった。
 そして……。
立川市の猫

 兄は戦闘モードに突入した。
立川市の猫

 ぬるぬると接近して、唐突に飛びかかった。意表を突かれた妹はなす術なし。
立川市の猫

 「ちょっと油断していただけよっ」
立川市の猫

立川市の猫

 妹、反撃。しかし兄の逃げ足は速い。
立川市の猫

立川市の猫

 おおっと、高速で回り込みつつ起死回生の猫パンチ! これは決まったか?
立川市の猫

立川市の猫

 兄は鋭い視線で妹を睨みつけている。戦いはここで一旦お開きとなった。
立川市の猫

 すりすりして遊んだり、猫戦闘を見物しているうちに、1時間近く経ってしまった。時間がないからそろそろ行かなきゃ。また遊びに来るよ。
立川市の猫

 曇っていてあまり条件のいい日ではないと思っていたが、団地内ではほかにも何匹か見かけた。しかもみんな割と機嫌がいい。
立川市の猫

 カメラを向けるとお澄まししてしまうんだけれども。
立川市の猫

立川市の猫

 こちらはお散歩中のキジ白。俺に気づいて止まったところ。
立川市の猫

 建物の陰に身を隠して待っていると、安全を確認しつつ、少しずつ近づいてきた。
立川市の猫

 数mのところまで引き寄せたが、この直後に逃亡。残念。
立川市の猫

 砂利の駐車場を横断中の長毛キジ白発見。しかし、やっぱり逃亡。
立川市の猫

立川市の猫

 はるか彼方に落ち着いて、そのまま動かなくなってしまった。続きは後日
立川市の猫

関連記事一覧

  1. あきる野市の猫
  2. 八王子市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 府中市の猫
  6. 川崎市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 昭島市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 日野市の猫
  4. 立川市の猫

    2020.2.13

    七三はいない
  5. 府中市の猫
  6. 八王子市の猫

    2020.2.11

    定員オーバー
  7. 杉並区の猫
  8. 川崎市

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP