佇む猫と転がる猫


川崎市の猫

 七三ファミリーを思い出すという理由で、感傷的に眺めていたナガミヒナゲシの花だが、その繁殖力を目の当たりにして、洒落にならないような気がしてきた。猫散歩を始めたころは何もなかったのに、今やナガミヒナゲシのジャングルと化している駐車場がいくつもある。我が家でも、玄関前に植えておいたアネモネを押しのけて生えてきて、芥子坊主になっている株がある。根や葉からアレロケミカル(ほかの植物の生育を阻害する物質)を放出するそうなので、せっかく植えたアネモネが来年また咲いてくれるか心配だ。ナガミヒナゲシの芥子坊主には直径1mmにも満たない小さな種子が1,500個も詰まっていて、株全体では15万個にもなるそうだ。春の終わりごろには、それらが一斉にばら撒かれて、人間や動物や車などにくっついて移動するから、広がるのもあっという間だ。地中海や中欧が原産の帰化植物だそうだが、この勢いだと在来の野花を駆逐してしまうのではないだろうか。
 そんな心配を胸に、今日の猫。
川崎市の猫

 茂みの向こうに顔だけ見えているのは、稲田堤の三毛。今日は2時間近く残業する羽目になり、長い散歩をする余力はなかったので、乗り換えついでに一回りするだけに留めておいた。
川崎市の猫

川崎市の猫

 横から見た図。赤い首輪の似合う鉢割れさん。
川崎市の猫

 稲田堤に寄ったなら、この子に会わないわけには行かない。
川崎市の猫

川崎市の猫

 3回目となる長毛ポイント美人さん。玄関前でご飯待ちかな。
川崎市の猫

 一方、このような風体で伸びているのもいる。今日は日差しがあって蒸し暑かった。
川崎市の猫

 「あっ」
川崎市の猫

川崎市の猫

 「写真を撮るなら声かけてくれよ」
川崎市の猫

 稲田堤で3匹の猫に会ったあとは、まっすぐ帰ってきた。トラ子パーキングでトラ子さん発見。
昭島市の猫

昭島市の猫

 トラ子さんのお尻にもナガミヒナゲシが……。
昭島市の猫

 トラ子さんは寝ぼけまなこ。ごめんよ、気にしないで寝ててくれ。
昭島市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 国立市の猫
  4. 朝霞市の猫
  5. 關山鎮の猫
  6. 日野市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 八王子市の猫

    2020.2.24

    夕張とは違う
  3. 府中市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 相模原市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  8. 昭島市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP