霧雨の一日


昭島市の猫

 疲れを取るというより寝不足を解消したくて、今日は思いっ切り寝坊するつもりで布団に潜っていたが、我が家の猫たちはそれを許してはくれない。6時にもなると遠慮がちに肉球でつつきはじめ、「じゃーりじゃーり」と頬を舐め、それでも反応がないと次第に爪を出してくる。気の長い、真綿で首を絞めるような攻撃は1時間あまりに及び、ついに耐えられなくなって、「うおー」というケモノじみた咆哮とともに布団から飛び出るのであった。猫たちは逃げてしまっていない。
 寝不足はお昼寝で補うことにして、お湯を沸かしながら窓の外を見ると霧雨だった。何か食べるものを仕入れなきゃと思いながら、だらだらと台湾の動画を見ていたが、いつまで経っても霧雨は止まず、そのうちお昼になって空腹が我慢できなくなったので、駅前の食堂へ食べに行くことにした。今日の猫はその行き帰りに見かけた3匹。
昭島市の猫

 家を出てすぐ、道端の梨畑から黒猫が飛び出てきた。尻尾の形からすると、たぶん4月にも会ったこの子。一声挨拶して逃げて行った。
昭島市の猫

 とある寺院の裏口で2匹の猫が対峙していた。
立川市の猫

立川市の猫

立川市の猫

 毛が逆立って、盛り上がっていたようだが、邪魔が入って白けてしまったのか、2匹とも別々に引き上げていった。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 所沢市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 日高市の猫
  6. 日野市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 八王子市の猫

    2020.2.24

    夕張とは違う
  3. 府中市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 相模原市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  8. 昭島市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP