白秋へ進む道


日野市の猫

 先日に続いて今日も平山に用があって、仕事前に寄るついでに猫も探してきた。
 自宅から平山城址公園(という駅)は、そう遠くない割に行きにくく、いちばん簡単で速いのは、立川でモノレールに乗り換えて、高幡不動で京王線に乗り換えるコースかと思う。縦移動の不便な東京西部にあって、モノレールの存在はありがたいが、運賃が高いのが玉にキズで、この経路は10.3kmの移動に530円かかる。南武線の分倍河原を回っても乗り換え回数は同じだが、立川を出た南武線は南東方向へ進むので、かなり遠回り(18.9km)となって時間も余計にかかる。ただし運賃はこちらの方が350円とお安くなっている。15時に駅前に着ければ良いという条件で色々考えた結果、高幡不動から平山城址公園まで2駅歩くことにした。このコースは初めてとなる。
 まずはいつも通り駅へ。……と思って自転車を漕ぎ始めた直後、自宅から2軒隣の空家の裏で、怠惰にしている猫発見。
昭島市の猫

 たぶん初めて会う子。そしてきっとこれが最後の子。諸般の事情により、我が家は再度の引っ越しを検討している。
昭島市の猫

 一昨日は美人さんの妹が嗅ぎ回っていた駐輪場。今日はもう1匹の常駐猫がぽつねんとしていた。
立川市の猫

立川市の猫

 美人さん関係者と違って、こいつはちょっと臆病。腕を伸ばして、カメラだけそっと近づけてみたものの、この有様。
立川市の猫

 高幡不動から平山城址公園までは、ふらふら歩いて約5.6kmと、散歩にはほどよい距離だったが、猫影は濃くなく、道中見かけたのは3匹に留まった。時間帯を考えればそれだけでも御の字で、朝夕ならもっと会えるだろう。
 なお、猫は車の上。
日野市の猫

 うつむき加減で目を閉じている。お爺ちゃん風味。
日野市の猫

 「お爺ちゃん言うな。意外に若いんだぞ」
日野市の猫

 とある団地を通り抜けていると、奥の方に小動物を発見。遠目にもサビ色だな。
日野市の猫

 やはりサビであったな。
日野市の猫

日野市の猫

 一般的に、写真を撮るのが難しいのは黒猫と言われているが、個人的には、この手のサビ柄の方がもっと難しく感じる。黒猫はとりあえず目が二つ光っていれば何とかなるが、サビ猫の場合、模様の形や撮り方によっては、顔面のパーツが判別できなくなるからだ。今日は曇っているからまだいいが、よく晴れてコントラストの高い日などは、仕上げるのにかなり苦労する。
日野市の猫

 難し子ちゃんがもう1匹。
日野市の猫

 まさか近寄ってくるとは思っていなかったらしく、驚愕のあまり目がまん丸。
日野市の猫

 この子にはまた会えるような気がしている。今日は候補物件の内見に訪れたのだった。
日野市の猫

関連記事一覧

  1. 浦安市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 福生市の猫
  4. 新宿区の猫
  5. 川崎市の猫
  6. 八王子市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫
  2. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  3. 昭島市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 立川市の猫

    2020.2.13

    七三はいない
  7. 府中市の猫
  8. 八王子市の猫

    2020.2.11

    定員オーバー

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP