マコちゃんの母を訪ねて


立川市の猫

 昨日は夜勤前に立川市内をさらっと歩いて猫にも会ったが、仕事が忙しくて更新できなかった。今日は仕事帰りに成城学園前~つつじヶ丘を歩いてみたが、カメラに収まったのはわずか1匹。知らない土地ではあったが、マコちゃんの生まれ故郷を歩いてみたくて、このコースを選んだ。
 我が家のマコちゃんは2009年5月20日、東京都調布市のとある団地で生まれた。生後間もなく母子まとめて保護され、里子に出された子猫の1匹が我が家に来た。マコちゃんの母は美人さんで、一度お目にかかりたいと思っていたが、今は保護した人と連絡を取ることも難しくなった。出産後、母は野良暮らしに戻ったらしく、当てもなく訪ねて行っても会えるわけがない。夜勤明けでは広大な団地を歩き回る気力もなく、1匹のキジ白に行き会ったきりで家に帰ってきたのだった(当時の母子の写真はこちら。お母さんに乗っかっているのがマコちゃん)。
 まずは昨日の猫から。1匹目は自宅近くの茶ファミリー。
日野市の猫

日野市の猫

 警戒しちゃって目つきはアレだが、指の匂いは嗅いでくれた。きれいな鉢割れ模様の子。
日野市の猫

 散歩開始はモノレールの柴崎体育館から。久しぶりの場所で猫発見。
立川市の猫

立川市の猫

 フレンドリーには見えない顔つきだが、無事が確認できてこちらは嬉しい。以前は時々猫が乗っかっていた場所だが、最近ぜんぜん見なくなっていた。
立川市の猫

 ねぐらで寛ぐゆっくり1号。
立川市の猫

 こちらに気づくと飛び出てくる(ただし、ゆっくりと)。
立川市の猫

立川市の猫

立川市の猫

 ゆっくりちゃんは、傍らに佇んで安心する感じの懐き方をする。そして時々思い出したようにすりすりしてくる。
立川市の猫

 七三駐車場で猫のお尻を見つけた。
立川市の猫

立川市の猫

 お昼寝を邪魔されて、機嫌が悪そうな七三の母。
立川市の猫

立川市の猫

 誰かいないかなと思って、塀の奥を覗いてみたが、誰もいるわけがないのだった。
立川市の猫

 冬毛を纏った母。一人ぼっちになってから4回目の冬を迎えようとしている。
立川市の猫

 茂みにじっとして動かない猫がいた。ここは怒りんぼさんの路地。
立川市の猫

 ここは猫路地であり、猫好きの路地でもある。終の住処に選んだのなら、良い選択だったかも知れない。
立川市の猫

立川市の猫

 そしてこちらは今日唯一の猫。
狛江市の猫

 マコちゃん母に会うことは叶わなかったが、散歩コースとしては楽しめたので、そのうちまた行ってみる。
狛江市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 東村山市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 川崎市の猫
  2. 白河市の猫
  3. 三浦市の猫

    2020.10.29

    再び海へ(2)
  4. 立川市の猫

    2020.10.28

    顎の裏
  5. 昭島市の猫
  6. 府中市の猫
  7. 日野市の猫
  8. 八王子市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP