帰ってきた人妻


立川市の猫

 今日は晴れるらしいと聞いていたので、一日だけのお休みではあったが、頑張って早起きして秋色の街を歩いてきた。気温がちょうど良かったせいか、久しぶりに訪れた立川~西立川の沿道にはたくさんの猫が出ていて、一度には載せ切れないくらいになったので、今日と明日の二回に分けて紹介する。明日は雨だそうだからちょうど良かった。
 朝の目覚めは良かったが、あんまり張り切って早く出発しても、日が差さなければ猫は出てこないし、歩く俺も寒くて辛い。8時ぐらいに散歩を開始できるよう、逆算して家を出たのは7時すぎ。今朝は初っ端から嬉しい子に会えた。
 半年ぶりの人妻三毛ちゃん!
立川市の猫

立川市の猫

 自宅の隣で立体駐車場の新築工事が始まってからというもの、姿を見なくなっていたが、工事が終わったので戻ってきたようだ。無事で良かったよー。
立川市の猫

 三毛ちゃんのあとは、かつて何度も歩いた道。茶猫タウンを南北に分ける踏切で電車の通過を待っていると、傍らに猫型の物体があることに気づいた。
立川市の猫

立川市の猫

 朝ラッシュ時なので電車が頻繁に行き交うが、この辺の猫はみんな慣れたもの。それより俺の存在の方が気になるようだった。
立川市の猫

 茶猫タウン南に茶色い兄弟。
立川市の猫

立川市の猫

 俺が手出しできない場所だから、安心しきっているな。
立川市の猫

 手前の丸顔は、前からこんなに丸かったっけと思って、過去の写真を調べたら、真夏でもあんまり変わらなかった。
立川市の猫

 まだ日の差さない猫路地にも1匹。充電開始を待っている。
立川市の猫

立川市の猫

 同じ家でも屋根に登ればこの通り。
立川市の猫

 目線までもらっちゃってどうも済みませんね。
立川市の猫

 落ち葉の公園で茶トラが日に当たっていた。
立川市の猫

立川市の猫

 香箱を組んで、気持ち良さそうにしている。
立川市の猫

 さくさくと落ち葉を踏んで近寄ると細目を開けた。歩くテンポによって、警戒されずに済むのかな。
立川市の猫

 「んなこたあない」
立川市の猫

 長い階段を駆け上がって逃げてしまった。
立川市の猫

 今度は日陰に猫の姿が。暗くて分かりにくいかな。
立川市の猫

 ほらいた。落ち葉の色がサビ模様にぴったりだねー。
立川市の猫

立川市の猫

 サビ模様が溶け込むような秋景色を見られて良かった。猫の毛色は様々だが、どれもみんな理由があってこうなったはずだ。黒白など、どうやっても溶け込まないような毛色も存在するが、食糧の調達を人間に依存する家畜ゆえ、たやすく見つけてもらう道を選んだ系統もあるのだろう。白斑が「家畜の表現型」と呼ばれているのは、突然変異で発生した白斑の個体が、何千年もの間、有利な扱いを受けてきた結果だと思う。要するにイエネコは、景観に紛れることを選んだ系統と、景観から浮き出ることを選んだ系統の、二つに分かれたのではないだろうか。そして未だ結論が出ていないように思う。
立川市の猫

 油断していると能書きが始まるのがおっさんの悪い癖。明日の記事ではさらに散歩を進めて、某巨大公園を目指す。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 川崎市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 福生市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫
  2. 相模原市の猫

    2020.4.2

    童顔三毛
  3. 立川市の猫

    2020.3.31

    桜と茶トラ
  4. 日高市の猫

    2020.3.30

    和平成る
  5. 多摩市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 日高市の猫
  8. 昭島市の猫

    2020.3.24

    3号4号

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP