盛況な三が日(1)


昭島市の猫

 昨日に続いて今日の散歩も盛況だった。昨日の写真の現像はまだ終わっていないが、あと3回載せるぐらい残っている。一方、今日の写真は65枚で、やや中途半端な数ではあるが、削るのは忍びないのでやはり3回分。冬場の猫散歩は、ちょっと気合いを入れるとこうなるから、ほどほどにしておかないと、せっかく会った猫を、いつまで経っても紹介できないという事態に陥る。
 今日歩いたのは、西武立川駅から某巨大神社までと、西鄕地バス停から西立川駅までの2区間。とは言っても、2区間目を歩き始めたのは正午近くになっていて、大方の猫はお昼寝タイムに入っていたため、会えたのは数匹に留まった。
 昭島市の外れにある、とある猫住宅街が今日のスタート。8時半を過ぎてもまだ赤い日差しを受けて、茶トラが転げ回っていた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 ごろんごろんしている猫がフレンドリーとは限らない。起き上がってこちらを一瞥すると、側対歩で逃げて行った。
昭島市の猫

 茶トラが逃げた一区画隣では、三毛が寛いでいた。遠すぎて分かりにくいかな。
昭島市の猫

 バレるの早すぎるんですけど。
昭島市の猫

 この子は「引っ越し三毛」。2015年秋に拝島から西立川へ引っ越す時も、2016年秋に西立川から今の家に引っ越す時も、猫を探す俺を呆れ顔で見ていた子。
昭島市の猫

 遠くからにゃーんと鳴く声が聞こえて、三毛はついと踵を返して行ってしまった。奥からはキジ白が現れた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 デートしてたの。邪魔して悪いね。
昭島市の猫

 冬の日差しは猫を誘い出す。草むらで日なたぼっこ中の黒白発見。
昭島市の猫

昭島市の猫

 顔のでかい猫だな。
昭島市の猫

 猫住宅街を一回りしたので、そろそろ次に行こうかな。じゃあまたね。
昭島市の猫

 この季節、地面で温まるのもいれば、庇に上がるのもいる。上を見たり下を見たり、きょろきょろしながら歩いていると、2匹の猫が不審そうにこちらを眺めていた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 黒はたぶん会ったことのある子。
昭島市の猫

 立ち去り際に引いて1枚撮ったら、屋根の上にもう1匹いた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 散歩開始から1時間あまり経過して、時刻は9時半。普段なら交通量の多い道路も、三が日はひっそりしていて、道端では猫がまったりしている。
福生市の猫

 車は天敵みたいなものだから、今はのびのび過ごせる貴重な時間だ。
福生市の猫

 「その代わり、お前みたいなのが訪ねてくるけどな」
福生市の猫

 そうのたまって、茶トラ白が逃げ込んだ町工場の敷地には、先客がいた。
福生市の猫

 続きはまた後日。仕掛かりが多いので、いつ載せられるかはまだ分からない。
福生市の猫

関連記事一覧

  1. 朝霞市の猫
  2. 国立市の猫
  3. 新北市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 青梅市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 立川市の猫

    2020.2.13

    七三はいない
  4. 府中市の猫
  5. 八王子市の猫

    2020.2.11

    定員オーバー
  6. 杉並区の猫
  7. 川崎市
  8. 八王子市の猫

    2020.2.7

    日本髪

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP