風は大敵


立川市の猫

 西高東低の冬型が強まっていて、昨日も今日も風が強かった。天気はいいのに猫たちは引っ込んでしまい、昨日の夜勤明けの散歩では、矢川~立川という歩き慣れた道にもかかわらず、ただの1匹も見つけられずに休載する結果となった。リベンジのため今日の夜勤前は逆コースの立川~矢川を歩くことにしたが、冬型の気圧配置は緩むことなく、風は依然として強く、人妻三毛ちゃんの家からスタートした散歩はからっきし。二日連続の玉砕を避けるため、目的地を矢川から西国立に変更して、何とか数匹見つけて休載を免れた。
 場所を考えると不本意な結果ではあるが、それだけ猫たちが風を嫌がっていることの現れだろう。恒温動物は体温を維持するため食べ続けなければならない運命で、それは時に大変な苦労を伴う。せっかくの体温を北風に奪われたのでは敵わない。
 まあそんなわけで、今日見かけた猫たちも堂々と歩き回っているのではなく、密やかにしているのが多かった。
立川市の猫

 最初の猫に遭遇したのはスタートから55分後(立川なのに……)。門扉の隙間からこちらを窺っているのは、顔見知りの黒白。
立川市の猫

立川市の猫

 逃走ついでに梅の花など嗅いでみたり。余裕かましているな。
立川市の猫

 いつもこんなんばっかですんません。
立川市の猫

立川市の猫

 とても久しぶりなバルコニー猫。どのぐらい久しぶりかと思って調べたら、前回見かけたのは2014年6月だった。そもそも室内飼いのようだから、窓が開かなきゃ出られないわけで、その時たまたま通りかかればめでたく再会となる。元気そうで何より。
立川市の猫

 とある公園の隅で2匹の猫が遊んでいた。
立川市の猫

 どちらも知った顔。キジ白は少しヨレた気がする。
立川市の猫

 最近は毎朝氷点下だから大変だよな。
立川市の猫

 5.5kmの散歩で見かけたのは以上の4匹。この子は瓢簞横丁のキジトラ。稲田堤の乗り換えはラストチャンスで、たまにこうしていてくれるから助かる。
川崎市の猫

川崎市の猫

関連記事一覧

  1. 相模原市の猫
  2. 青梅市の猫
  3. 国立市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 八王子市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫
  2. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  3. 昭島市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 立川市の猫

    2020.2.13

    七三はいない
  7. 府中市の猫
  8. 八王子市の猫

    2020.2.11

    定員オーバー

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP