帰り道のごろーん


青梅市の猫

 日の出が5時を切り、気温も上がってきて、早起きして猫を探すには絶好の季節が巡ってきた。都合のいいことに仕事の方も日勤が増えたが、正直言うと平山に引っ越してからこっち、モチベーションがかなり下がっていて、両隣の駅まで歩くことすら未だにしていない。もともと高幡不動~北野あたりは純然たる農村で、宅地化が進んだとはいえ、街の雰囲気や住む人々の気質は農村のままなので、まったく刺激がない。家賃は安いし、野菜や卵が美味しいのもとてもありがたいが、そういうことに喜びを見出すのは、もう少し年を取ってからでいいと思う。
 まあそんなことはどうでもいいんだが、今日は家のことを片付けるため散歩はお休み。予定通り、昨日の奥多摩の続きを載せることにする。
 猫集落では1時間ほどの間でたくさんの黒猫に会い、再び氷川に戻ってきたのは10:50。カーシェアリングの車を返却する前に、はなちゃんの家に寄ってみた。
奥多摩町の猫

 家の軒先で香箱を組んでいたはなちゃん。こちらに気づくなり、一直線にやって来た。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 この子は小柄で華奢なので、ごろーんというより、ころんころんだね。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 会うのは10ヶ月ぶり。婆さんともども元気そうで良かったよ。
奥多摩町の猫

 はなちゃんの次に見かけたのは三日月君。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 氷川の猫たちはおしなべて人懐っこい。呼ぶとみんな一直線。
奥多摩町の猫

 行ったり来たりしてすりすり中。
奥多摩町の猫

「三つ目がとおる」の写楽君みたい。
奥多摩町の猫

 11:47発の電車で奥多摩をあとにして、次に立ち寄ったのは山腹トリオの拠点。疲れていたので寄るかどうか迷ったが、ここまで来ておいて、一人ぼっちのキジ白に会わずに帰るわけには行かない。
青梅市の猫

 茂みに潜んで会えない時もあるが、この日はすんなり出てきてごろーん開始。無事に冬を越せたか。
青梅市の猫

青梅市の猫

 指の匂いでご挨拶。
青梅市の猫

 念のため美味しいカリカリを持参したが、食後だったらしく、欲しがる素振りを見せなかった。たらふく食べられているなら良いことだ。
青梅市の猫

 平日日中の青梅線(青梅以西)は45分毎の運転で、次の電車までだと微妙に時間が足りないが、かといって90分では長すぎる。発車時刻まで残り14分となり、新緑に萌える渓谷を駅に向けて歩いていると、とあるテラスで猫が寛いでいた。
青梅市の猫

青梅市の猫

「君は僕を撫でに来たんだね」
青梅市の猫

 前足踏み踏みしながら待っている。それじゃご要望にお応えして……。
青梅市の猫

「ひゃあ」
青梅市の猫

 崖に沿うテラスでキジ白を撫でながら、藤の花が咲いているなーと眺めていると、何かうごめくものが見えるではないか。
青梅市の猫

 猫であった。
青梅市の猫

青梅市の猫

 飛び交うクマバチが気になるのか、若いサバ白は藤の花から目を離さなかった。電車の発車まで残り8分となり、俺は再び渓谷に下りて駅へ急いだ。奥多摩も御岳も、次に来るのは秋だろうな。
青梅市の猫

関連記事一覧

  1. 江東区の猫
  2. 立川市の猫
  3. 国分寺市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 川崎市の猫
  6. 福生市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 府中市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 八王子市の猫
  4. 奥多摩町の猫
  5. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  6. 日野市の猫
  7. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた
  8. 宮古市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP