霧雨の猫ミーティング


川崎市の猫

 むしろ梅雨明けしてから梅雨らしい日が続いている今日このごろ。すべての用向きが蒸し暑くてだるくて面倒臭く、疲労を回復するにも時間がかかるし、布団から出るだけでも大変な精神力を必要とする。とはいえ猫関係業務に限っては、出会えた時の喜びがひとしおで、とても眠い朝でも何となく出かける仕度をしてしまう。彼らはどんな時でも野外にいるほかないから、こちらとしても、気象条件を理由に中止することはなるべく避けている。
 今朝は中野島で電車を降りたら霧雨が降っていた。しかも歩いているうちに日が差してきて、今シーズンでもトップクラスの蒸し暑い朝になってしまった。
 まずは6時ちょうどの茶ファミリーから。縄張りの路地に差しかかると、2匹の猫が見えてきた。どちらも茶トラ白のようだ。
日野市の猫

 塀の上にいた大白斑はとっとと逃げて、あとを追ったら代わりに三毛が睨んでいた。廊下で追いかけっこをしていた小学生が、曲がり角の向こうで先生と鉢合わせたみたいな感じ?
日野市の猫

 だってこのヒトたち目つきが怖いんだもん。
日野市の猫

 そして6:50、霧雨の中野島では朝の集会が開かれていた。
川崎市の猫

川崎市の猫

 雨はまったく気にならないようだな。
川崎市の猫

 白に会うのは5月中旬以来。相変わらずきれいにしているね。
川崎市の猫

「僕だってなかなかのものだと思うよ」
川崎市の猫

川崎市の猫

 白と三毛はカップルのようだが、カメラを向けると三毛が嫌がってしまって、なかなかツーショットが撮れない。
川崎市の猫

 少し離れてキジ白もいた。
川崎市の猫

 このほかにも写真に撮らなかったのが数匹。今朝はずいぶん盛況だった。
川崎市の猫

 三毛は最後まで戻ってこなかった。
川崎市の猫

 とある民家の敷地に黒白が張り付いていた。
川崎市の猫

川崎市の猫

 この子は去年8月、近所のほこらで見かけた子。いずれまた会いたいと思っていたが、それまで1年近くかかってしまった。
川崎市の猫

 先日の二日酔いの朝にも迷い込んだ行き止まりの路地。今朝は茶トラではなくキジトラがいた。
川崎市の猫

 しばらく見つめ合ったあと、猫は車の下に潜ってしまった。
川崎市の猫

 こちらの路地も行き止まり。正面で日なたぼっこしているのが分かるかな。
川崎市の猫

 ほらいた。
川崎市の猫

 怪訝そうな顔つきでこちらを見つめるサバトラ。よくそんなところで寛いでいられるね。こっちは蒸し暑くて死にそうだよ。
川崎市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 府中市の猫
  3. 新北市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 奥多摩町の猫
  2. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  3. 日野市の猫
  4. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた
  5. 宮古市の猫
  6. 久慈市の猫
  7. 三鷹市の猫
  8. 立川市の猫

    2020.10.14

    猫の気配

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP