ふるさと猫紀行(夕張編)


夕張市の猫

 明治以降、我が国の主要なエネルギー資源は石炭であり、とりわけ終戦後においては国土復興を急ぐため、さらなる増産と炭鉱開発が推進された。しかしちょうどそのころ、中東やアフリカで大規模な油田が相次いで発見され、生産コストが低く扱いやすい石油へのエネルギー転換が急速に進むことになった。石炭ありきで始まった戦後の経済復興政策が、石油への転換を決めるまで、わずか10年ほど。夕張の繁栄もそれと時を同じくしていて、人口が10万人を超えていたのは、1951~1964年までの13年間にすぎない。父が夕張で青春時代を過ごしたのは、その短い最盛期まっただ中のことだった。危険と隣り合わせの炭鉱労働は地域に強い連帯を生んだが、エネルギー転換が進むとともに急速に衰退していく。鉱山が一つまた一つと閉山になり、炭住と呼ばれる木造長屋が消え、鉄道が廃止され、ついにはダム湖に沈んで街ごと消滅してしまう。それらが非常に短い期間に起きたことで、関わった人々の脳裏に強い郷愁となって残っているのが夕張という街だ。
 若き日の両親が出会った街であり、俺にとっても懐かしい風景を目に焼き付けておくため、父の遺影を携えて夕張を訪れたのは9月28日、北海道旅行2日目の夜だった。函館での散歩を終えたあと、午後の特急で南千歳へ移動し、レンタカーを運転して、ホテルに着いたのは19時前。すべての用向きは翌29日に済ませるつもりだったが、あいにく天気が芳しくなく、レストランで朝食を取っているうちに、雨雲の接近を知らせるiPhoneのアラームがぴろんと鳴った。
 雨が降って困る用事は猫関係のみ。慌てて車を走らせ、駅から離れた繁華街を歩き始めると、坂の下から黒白が現れた。
夕張市の猫

夕張市の猫

 初っ端から人懐っこい子。高台の路地を行ったり来たりして遊んだ。紙幅が限られているので動画もどうぞ。
夕張市の猫

 雨は徐々に強くなってくる。人通りのまったくない路地はかつての歓楽街だが、長い間放置され、朽ちかけた建物が目立つ。
夕張市の猫

 そんな建物の一つで猫が雨宿りしていた。
夕張市の猫

夕張市の猫

 背後の建物にも1匹。平成の夕張本町は猫の歓楽街だな。
夕張市の猫

 近寄ってみると珍しい毛色。O遺伝子由来のレッドとは明らかに違う色だ。
夕張市の猫

 もしかして君の毛色はライラックかフォーンだね? シナモンはもっと紅茶みたいな濃い色だもんね。夕張でこの毛色に会えるとは思わなかったよー。
夕張市の猫

 昔はクリーム色をフォーンと見間違えたことが何度もあったが、これはきっとホンモノ。黒猫の遺伝子型のうち、D遺伝子座がddで灰色となり、さらに黒の色調を司るB遺伝子座がbbbbl(ライラック)またはblbl(フォーン)に変異したもの。つまりこんな毛色でありながら、茶トラの仲間ではなく黒猫の仲間だということ。野外で目にすることは稀で、俺自身も6年あまりにわたる猫散歩で初めて見た。
夕張市の猫

 歓楽街を貫く急坂に黒猫発見。
夕張市の猫

夕張市の猫

 ここの猫たちは目つきが友好的な気がする。優しい人に面倒を見てもらっているのだろうな。
夕張市の猫

 雨が強くなってきたから、そろそろ鹿島に行ってみるよ。
夕張市の猫

 夕張と一括りに言ってもそれなりに広く、父の育った鹿島地区までは25kmほど離れている。すでにシューパロダムが竣工し、立ち入り禁止区域となった鹿島地区にダム湖が迫っていることは伝え聞いているが、実際の水位は行ってみないと分からない。土砂降りの雨の中、新しく開通した付け替え道路を通り、更地となった鹿島小学校跡に着いたのは10時すぎ。その高台を下りると三菱石炭鉱業大夕張鉄道の大夕張炭山駅跡があり、閉鎖された旧道の先には、かつて炭住街として賑わった父の故郷が、半ば原野となった姿で広がっていた。できれば家のあった鹿島代々木町の辺りまで行きたかったが、ヒグマに遭遇しては困るので断念した。
 眺める以外にこれといってすることのない鹿島地区を離れ、南部と呼ばれる集落に車を止めて休憩しているうちに、雨が弱くなってきた。これ幸いと周囲を歩き回ってみたが、人の気配も猫の気配も感じられない。その後も夕南町、遠幌、清水沢と、いちいち車を止めて猫を探したがどこも空振りで、朝の散歩地である夕張本町まで戻ったころには、とっくに正午を回っていた。
 雨が上がったせいか、朝とは違ったメンバーが出てきているね。
夕張市の猫

 廃屋全体が猫の遊び場になっているようだ。
夕張市の猫

夕張市の猫

 屋根の上にはキツネ目の黒白。るーるーるー。
夕張市の猫

 子猫と呼ぶにはやや大きな2匹。
夕張市の猫

 私は旅の者です。帰るまでの間、遊んでおくれよ。
夕張市の猫

 おー、来た来た。
夕張市の猫

夕張市の猫

 三兄妹と思しき猫たちと連れ立って、高台の路地にやって来た(動画はこちら)。
夕張市の猫

夕張市の猫

 窪みに溜まった雨水を飲む三兄妹。ここの猫たちの中で冬を越せるのはどれだけいるだろう。もし誰かが少しでも寒さに有利な形質を持っていたら、この子たちの末裔は遠い将来、エゾイエネコとでも呼ぶべき亜種に分化を遂げているかも知れない。
夕張市の猫

 元気でね。俺、東京に帰るよ。
夕張市の猫

 両親ともこの世になく、育った街まで消滅した以上、二度と夕張を訪れることはない。歓楽街の猫たちと別れて再びハンドルを握り、千歳に着いたのは15時前。この日はとても不安定な天気で、運転している間も晴れたり曇ったり忙しかったが、最終的には日が差して終わりそうだった。
千歳市の猫

 千歳の猫は日差しを受けてのほほんとしている。
千歳市の猫

 3日間の北海道旅行の大部分は猫を探して歩いたが、頭の中では色々なことを考えていた。再び会うことのない生き物に接することは、過去と訣別するための儀式だったような気がしている。
千歳市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 八王子市の猫
  3. 日野市の猫
  4. 東大和市の猫
  5. 国立市の猫
  6. 日野市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 川崎市の猫

    2020.5.29

    三毛二態
  2. 小金井市の猫
  3. 日野市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 相模原市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 立川市の猫
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP