ふるさと猫紀行(函館編・その2)


函館市の猫

 食料を探すわけではないので、マサイ族のように5.0の視力は必要ないにしても、せめて1.2くらいないと遠くの猫が分からない。視力の低下を感じるようになってからずいぶん経ち、猫探しに支障を来していたので、今日は眼鏡を新調しに八王子へ出かけてきた。無論、俺はおっさんであるから、老眼も相当程度進んでいて、単焦点レンズを選ぶなら、遠近どちらかを諦めなければならない。SEという職業柄、パソコンの画面を眺めている時間は長いが、そんなことはどうでも良く、遠くの猫を見つけるため、できる限り近視を矯正する方向でお願いしてきた。モノは1週間後に出来上がる。
 今日紹介するのは北海道旅行2日目(9月28日)の函館散歩の続き(前回はこちら)。この日は未明に寒冷前線が通過した影響で、朝のうちやや強い雨が降っていたため、9時半近くになってようやく散歩を開始したのだった。
 スタート地点は市電の函館どつく前電停。「どつく」は殴るという意味の関西弁ではなく造船所のことで、電停から数百mのところに巨大な船渠が並んでいる。ここを起点にして、函館山の裾野に広がる古い街並みを歩くのがこの日の前半のコース。西部地区と呼ばれるこのエリアは函館観光の中心地であり、夏のセーラー服が超絶可愛い俺の母校のある街であり、そしてまた、あちこちからニャーニャー聞こえる猫の街でもある。
 函館港を望む道路脇に建つのはかつて領事館だった建物で1908年の落成。門柱のたもとには猫もいて、函館名物が揃った感じだ。
函館市の猫

函館市の猫

函館市の猫

 鉄の門扉は固く閉ざされ、奥を窺い見ることはできない。建物内部は老朽化が激しく、危険箇所が多いため、公開したくてもできないそうだ。函館市は貧乏な上、こうした建物が多すぎて、修復の予算が追っつかない。
函館市の猫

 まあ俺は君に会えたから満足だけどさ。
函館市の猫

 石畳の街路にはナナカマドが真っ赤な実を実らせている。高校の3年間通った道だが、俺の記憶にこの赤い色はない。卒業してから植えられたのかも知れないし、恋人の顔ばかり見て気づかなかったのかも知れない。しかしあれから何十年も経って、俺の注意力は鍛えられ研ぎ澄まされているのであった。
函館市の猫

 ほらいた。
函館市の猫

函館市の猫

 セミロングキジトラのお母さんは目がまん丸。びっくりさせるつもりはないんだけど……。
函館市の猫

 「どひゃー、逃げるのよー!」
 「お母さん待ってー」
函館市の猫

 「ニンゲンは大きいねえ。ドキドキするよ」
函館市の猫

 「逃げ遅れた私はいったいどうすれば」
函館市の猫

 次の猫も坂道猫。巡回帰りと見えて、疲れた感じでとぼとぼ歩いていた。
函館市の猫

函館市の猫

 民家の敷地へと消え去る前にこちらを一瞥。やっぱりバレていたか。
函館市の猫

 前半の散歩を終え、青柳町の電停にたどり着いたのは11時半すぎ。もう少し西部地区を歩いていたかったが、朝の雨でスタートが遅れたため、千歳へ向かう特急列車の発車まで2時間あまりしかない。後半に予定していた時任町~大森浜界隈は、何十年も前に恋人と逢瀬を重ねたというだけの場所ではあるが、再び訪れる機会があるとも思えないから、最後にもう一度歩いてみたかった。
 ……というわけで12:08、中央病院前の電停をスタート。10分ほど歩いたところで最初の猫に遭遇した。
函館市の猫

 西部地区は港町だから猫は多いだろうけど、ただの住宅街も負けてないね。もしかしたら台湾より多いかも。
函館市の猫

 さらに毛繕い中のが1匹。
函館市の猫

函館市の猫

 函館はキジトラ系が多いみたいね。
函館市の猫

 次の猫はブルーアイ。キジ白がポイントカラー化した毛色だから、やっぱりキジトラ系。
函館市の猫

函館市の猫

 民家の庭伝いに逃走を図ったため、先回りして待ち伏せしてみた。
函館市の猫

 「ひえー」
函館市の猫

 函館最後の猫は古びたマンションの外階段で。
函館市の猫

函館市の猫

 私は通りすがりの旅の者です。写真を撮らせてくださいな。
函館市の猫

函館市の猫

 最後に会えたのが君で良かった。俺の指の匂いを覚えておいて。
函館市の猫

関連記事一覧

  1. 福生市の猫
  2. 福生市の猫
  3. 福生市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 八王子市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 昭島市の猫
  2. 八王子市の猫

    2020.7.4

    雨見散歩
  3. 川崎市の猫
  4. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  5. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  6. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB
  7. 府中市の猫
  8. 日野市の猫

    2020.6.27

    保護土嚢

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP