お姉さんごめんなさい


立川市の猫

 自宅で使っているパソコンの調子が悪く、妻からも早く買えと言われていて、どれにしようか悩んでいる。不調の原因は見当がつくし直すこともできると思うが、モニタのバックライトも劣化しているので、今さらそれらのパーツにお金をかけるより、全とっかえの方が良いと判断した。ちなみに候補に挙がっている機種はまだ未発売で、従来機種と外形は同じだが色が異なる点に注意を要する。内緒ですり替えることができないからである。
 まあそんなことはどうでもいいんだが、今日の夜勤前の散歩は南武線の矢川からモノレールの甲州街道まで。花咲く婆さん邸とブアイソーズ公園を経由するこのコースは日勤前に歩くことが多いが、やや距離が長いため、1時間以内に踏破することは難しい。日の出の遅いこの季節、ゆっくり散歩を楽しむとなると、夜勤前か休日を選ぶしかないのだった。
 まずは自宅近くの猫ヶ丘から。巡回を終えて坂を下りる猫発見。
日野市の猫

 警戒して止まってしまった。睨み合うばかりで両者動けず。
日野市の猫

日野市の猫

 茶ファミリー邸の車の下に茶色いのがいた。微妙に木陰のいい場所だな。
日野市の猫

日野市の猫

 奥の方にも2匹。スッパニャン(右)は相変わらず酸っぱい顔をしている。
日野市の猫

日野市の猫

 分倍河原を経由して矢川に着いたのは13時すぎ。婆さん邸の庭にもブアイソーズ公園にも猫の姿はなく、いきなり出鼻をくじかれたが、近所の民家の庭を覗いてみると、奥の方でブアイソーズの黒白がぽつねんとしていた。
国立市の猫

 ほらいた。
国立市の猫

国立市の猫

 ブアイソーズ公園はもはや猫の朝食会場ではないので、まとめて見かける機会はほとんどなくなった。今でもこうして個別に会えるのは、近所の人々が親切だからだ。
国立市の猫

 なので、時には穏やかな表情も見せる。
国立市の猫

 ブアイソーズ公園から先は河岸断崖に沿う道となり、猫の気配はするものの、隠れる場所が多すぎて、なかなか会うことは叶わない。猫拠点と呼べる場所へたどり着くには、15分ほど歩かなければならなかった。
 ……ていうか分かりにくい?
国立市の猫

 イトカワ的風体で寝ているな。
国立市の猫

「ああん?」
国立市の猫

 不法投棄のパトロール実施中。
国立市の猫

国立市の猫

 駆け回る長毛キジトラ。年末は特に忙しいのであろう。
国立市の猫

「逃げてんだよ」
国立市の猫

 水辺に猫とお姉さん。
立川市の猫

「せっかくですから、一撫でして行かれては?」とお姉さんに促され、一歩前に出たら、見えなくなるまで逃げてしまった。ああ、お詫びの言葉もございません……。
立川市の猫

 砂利の地面で猫がちょこなんとしていた。
立川市の猫

立川市の猫

 お姉さんと猫の時間をぶち壊したばかりで、かなり凹んでいたものの、「猫見つく時ただちに撮るべし」とは我が家訓。果たして今度は「にゃあ」と鳴いて姿勢を崩したではないか。
立川市の猫

 ごろーん。
立川市の猫

 のびー。
立川市の猫

 これこそ猫の醍醐味。しばらくごろんごろんしたあと、ちょうど戻ってきた飼い主の爺さんと一緒に、家の中へ入っていった。可愛いトラちゃんまたね。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 府中市の猫
  2. 狛江市の猫
  3. 八王子市の猫
  4. 国立市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 八王子市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 奥多摩町の猫
  2. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  3. 日野市の猫
  4. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた
  5. 宮古市の猫
  6. 久慈市の猫
  7. 三鷹市の猫
  8. 立川市の猫

    2020.10.14

    猫の気配

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP