非売品


日野市の猫

 去年までの台湾猫旅は2泊3日の旅程で20,000円を両替した。海外旅行の予算としては少ないようにも思えるが、交通費の大部分は事前に支払いを済ませているし、宿泊も安宿なので1泊500元~1,500元程度。そもそも猫を探して歩き回るだけで、ほかのことは何もしないのだから、空港でお土産を買っても余るくらいだった。一方今回は4泊5日ということで多めに30,000円を両替したが、バスの長距離移動が多くて交通費が嵩んだり、予定変更に伴い宿泊費を現金で支払うなどして足りなくなり、コンビニで1,000元だけキャッシングして凌いだ。両替のレートは1元=3.97円と今までで最も悪く、しかも台湾は物価が高騰しているそうなので、そうしたこともお金が足りなくなった原因かも知れない。猫を探すというのは、時に地べたを這いずり回るような作業だが、そうして目にしたあちらの人々の暮らし向きは、徐々に悪くなっているように思われた。
 それはさておき、今日の猫も寒い寒い日本の東京から。今朝は比較的外れの少ない日野~甲州街道を歩いてみたが、やはり日の出直後だとまだ寝ているのが多いのか、思ったほどは会えなかった。
 1匹目はちょい遠めだけど、そんなに分かりにくくないと思う。
日野市の猫

日野市の猫

 当てにしていた猫(例えばこちら)がことごとく不在で、次に見かけたのはゴール地点に近いとある駐車場。太陽がまだ低いので、車の下でも日なたぼっこできるのね。
日野市の猫

日野市の猫

 安全で暖くて最高の場所だな。
日野市の猫

 次の猫も三毛。道端でちょこんとしているのが分かるかな。
日野市の猫

 ここはリサイクルショップのようだけど、猫には値札がついていないね。
日野市の猫

「私は可愛いからオーナーが手放さないの」
日野市の猫

「……それはそうとあなたは怪しい人ね」
日野市の猫

 そんな俺たちの様子を奥から見つめる視線あり。
日野市の猫

日野市の猫

 毛色は違っても顔つきがそっくり。きっと兄妹だな。
日野市の猫

 そして茶トラ白は割と人懐っこい。時間をかければ指の匂いぐらいは行けたかも。
日野市の猫

 最後は見送りに出てきてくれた。そんなんされたら後ろ髪引かれるからまた来る。
日野市の猫

関連記事一覧

  1. 奥多摩町の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 横浜市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 国立市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 府中市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 八王子市の猫
  4. 奥多摩町の猫
  5. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  6. 日野市の猫
  7. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた
  8. 宮古市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP