まどろみの母


立川市の猫

 20日に届くと思っていたKPの修理品が昨日の出勤前に届いて、あまりにも早かったので若干のけぞりつつ、さっそく持ち出そうと思ったが、あいにく設定が初期状態に戻っていたので諦めた。猫のように俊敏に動く動物の場合、撮影モードの切り替えを素早く行わなければならず、あらかじめいくつかの設定を登録しておく必要がある。そういう作業は時間のある時にゆっくりやりたいので、結果的に今日までK-5が代役を務めることになった。
 夜勤明けの散歩は柴崎体育館から立川まで。ゆっくり1号に会いたくてこのコースを選んだが、家に行ってみると猫も人ももぬけの殻。車もなかったので、猫たちの通院日だったのかも知れない。
 チョビ1号は敷地内で別棟の新築工事が始まっていたため会えず、三毛子の息子も不在で、こうなってくるとこのコースは全滅に近い。ほとんど諦めモードで、最後に七三の縄張りを覗いてみると、枯れ草の上でまどろむ猫の姿があった。
立川市の猫

立川市の猫

 前進するとこちらに気づいて目を開けた。七三ファミリーの母だった。
立川市の猫

 裏に回って塀の上からご挨拶。最後に見かけたのが去年の4月で、それ以来何度訪れても会えなかったので、もういなくなったと思っていた。前回来た時は、猫置き場だった民家が取り壊されて更地になっていたが、現在そこには洒落たマンションが完成して入居者を募集している。不動産情報を検索したら間取りは全室1Kで、賃料は66,000~73,000円だそうだ。集合住宅は眼中にないし、そもそも所帯持ちに1Kは無理だが、もし昔のまま七三ファミリーが遊び回っていたなら、心が動いたかも知れない。
立川市の猫

 七三の母に会えた喜びをかみしめつつ、次に覗いたのは小料理「だめさ」の猫ロード。道端には緑目の黒がいる。
立川市の猫

立川市の猫

 線路をくぐって上矢印ちゃんの家にも寄ってみたが、ここも空っぽ。猫旅館方面まで足を延ばして、ようやく次の猫に会えた。
立川市の猫

 えー、行っちゃうのー?
立川市の猫

 「こっちこっち」
立川市の猫

 「こう見えて僕はモデル慣れしているんだよ。旅館のお客さんが写真を撮ってくれるからね」
立川市の猫

立川市の猫

 いたずら者発見。
立川市の猫

立川市の猫

 俺に気づくとお澄ましした。何か悪いこと企んでたでしょ。
立川市の猫

 「・・・・・・」
立川市の猫

立川市の猫

 キジ白が固まってしまったので次の猫。つってもこれは紛れちゃって見えないな。
立川市の猫

 ほらいた。
立川市の猫

 今日の猫は以上。明日は我が家の2匹を病院に連れて行くので、散歩はお休みする予定。最近サチコの血便がひどくなっているので、精密検査を受けさせようと思っている。マコちゃんは元気だがついでに連れて行く。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 相模原市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 八王子市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 国立市の猫
  6. 川崎市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 調布市の猫

    2020.4.7

    お焦げさん
  2. 府中市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 相模原市の猫

    2020.4.2

    童顔三毛
  5. 立川市の猫

    2020.3.31

    桜と茶トラ
  6. 日高市の猫

    2020.3.30

    和平成る
  7. 多摩市の猫
  8. 立川市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP