プチこま桜散歩(前編)


日高市の猫

 かつて函館・大門の柳小路に「おうさん」という中華料理店があって、ここは俺が中学生のころから自発的に何度も通った唯一の食堂だった。「自発的に」というのは要するに、ほかに店がないからとか、安いからというような消極的な理由ではなく、その店の料理が食べたくてわざわざ訪れるという意味だ。最後に行ったのは確か2007年で、祖父の葬儀に参列するため妻とともに帰省した時だったが、その後、行こう行こうと思って機会のないまま2015年に店を畳んでしまった。あるブログには「諸般の事情により」と書かれていたが、諸般も何も、寂れ切った大門の惨状を考えれば、どのみち廃業は避けられなかったことだろう。俺が食べていたのはもっぱら味噌ラーメンで、大人(自称)になってからはビールと一緒にザンギやザリージも注文するようになった。北海道でザンギと呼ばれる鳥の唐揚げは、今でこそ割と知られるようになったが、以前は道外では通じないとして有名な言葉の一つだった。ザリージというのは豚の唐揚げで、こちらはザンギより格段に知名度が低く、北海道はおろか、函館でも知っている人は少ないかも知れない。どちらも陶陶亭という函館随一(というか関東以北随一)の老舗中華料理店が考案した料理で、ここの料理長だった人が独立して開業したのが王さんというわけ。陶陶亭の流れを汲む本格的な中華メニューは、ぱっと出のラーメン屋などとは一線を画していたが、今はもうどちらの料理も食べられない。何で急にそんなことを書いたのかというと、2007年2月、最後に王さんに行った時の写真に、偶然猫が写っているのを見つけたからだ(こちら)。11年間まったく気付かなかった。
 まあそんなことはどうでもいいんだが、今日の夜勤明けの散歩は、多摩南部地域病院バス停〜堰場バス停まで歩いてただの1匹も見つけられず、予定より早く一昨日のこまこま散歩を載せることになった。「こまこま」と言ってもいつものように高麗〜高麗川を歩き通すのではなく、高麗を出て高麗に戻るという、ごく短いプチ散歩だった。
 まだ日差しの赤い駐車場で見かけた白猫がこの日の1匹目。東飯能で乗り換え時間が20分以上あったので、駅の周りをぶらぶらしていたら見つけた。
飯能市の猫

飯能市の猫

 首輪をしているのでこの家の子かな。桜が満開になるくらい暖かいのに、まだ冬毛のように見えるね。
飯能市の猫

 ……などとフレンドリーに話しかけてみたが、この反応。
飯能市の猫

 こま猫の1匹目は毛繕い中の三毛。元気にしていたようで何より。
日高市の猫

日高市の猫

 がりがり。
日高市の猫

日高市の猫

 指の匂いでご挨拶。覚えていてくれたかな。
日高市の猫

 おお、悪くない反応。
日高市の猫

 前回ここに来たのは去年9月だったから、半年ぶりかと思っていたが、その時は珍しく出てこなかったんだった。なのでこの子に会うのは去年の桜の時期以来。ちなみにその時の写真を見ると、4月13日に満開の桜と一緒に撮っているので、今年の桜がいかに早いかが分かる。
日高市の猫

 一段上の畑に茶トラ白参上。
日高市の猫

日高市の猫

 巡回中らしく落ち着かない茶トラ白。この子も去年の桜以来。
日高市の猫

日高市の猫

 がりがり。天気がいいとみんな爪を研ぐのな。
日高市の猫

 1年経っても無邪気な女の子。
日高市の猫

 一方、先ほどの路地には相方の長毛二毛が加わっていた。
日高市の猫

日高市の猫

 相変わらず仲がいいねえ。
日高市の猫

日高市の猫

 女の子が3匹揃ったところで1枚撮ろうとしたら、地面の2匹が逃げ出してしまった。茶トラ白とは相性が良くないみたい。
日高市の猫

 じー。
日高市の猫

 元気出せよ。
日高市の猫

 三毛はどこかに隠れてしまい、二毛は離れた場所で毛繕い開始。猫の世界も複雑だな。
日高市の猫

日高市の猫

 プチこま散歩は後編もあるので、残りも近日中に載せる予定。果たして今年、おいしい牛乳は無事だったのか!?
日高市の猫

関連記事一覧

  1. 福生市の猫
  2. 横浜市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 府中市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 八王子市の猫

    2020.2.24

    夕張とは違う
  3. 府中市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 相模原市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  8. 昭島市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP