クロちゃん出てきて


川崎市の猫

 昨夜は本業が忙しく、日中のうちに記事を上げておいて正解だった。ほとんど仮眠できずに18時間の勤務を終え、職場をあとにしたのは10時半。それから1時間20分かけて散歩して、14時近くに自宅へ帰り着くまでの間、気温は18~21℃程度で推移した。雲がなかったら散歩は厳しかったかも知れないが、歩いていると日の翳ることが多く、上着を着たままでも割と平気だった。
 散歩コースは京王よみうりランドから南武線の稲田堤まで。猫はそれなりにいたが、2ヶ月前に同一区間を歩いたときに比べると、暑くなった分だけ不利になっていて、最初の1匹に遭遇するまで前回は4分、今日は16分かかった。
 しかもあのような風体。
稲城市の猫

 生ける屍と化しているな。
稲城市の猫

 呼ぶと面倒くさそうに首をもたげるが、1~2秒で元に戻る。いくら長毛でも伸びるの早すぎない?
稲城市の猫

 少し寂れた感じの住宅街。何となく気配を感じて振り向くと、民家の敷地でだるそうにしているのがいた。
川崎市の猫

川崎市の猫

 今日は生きの悪いのが続くな。今からそんなんでどうすんのさ。
川崎市の猫

 定点の猫拠点は閑散としているように見えたが、注意して目を凝らすと、目立たない場所で涼んでいるのが1匹。
川崎市の猫

川崎市の猫

 目を閉じてまどろんでいるのは好々爺的キジ白。
川崎市の猫

 車の下に潜っているのもいた。
川崎市の猫

 タイヤの向こうに白い被毛が見えるね。ここには白が少なくとも4匹いるので、そのうちの誰かだろうな。
川崎市の猫

 おお、君だったか。
川崎市の猫

川崎市の猫

 ちなみに残りの3匹はこちら(オッドアイ右耳切り欠き切り欠きなし)。被毛を真っ白にするW遺伝子はとても強力で、他の毛色の遺伝子型がどうであっても、優性のWが1個あるだけで白猫になることはすでに何度も書いた通り。とはいえその割に巷には白猫が多くなく、逆に最も頻繁に見かけるのは黒白やキジ白だ。人間からご飯をもらう生活をしている以上、毛色がそれほど不利に働くとも思えないので、白猫が里子に貰われやすい(室内飼育が多い)というようなことがあるのかも知れない。
川崎市の猫

 白と一緒に納屋に移ると、奥の方にまん丸目玉が二つ。
川崎市の猫

 寄り目の黒は背後が明るすぎてうまく写らない。日なたに出てきて欲しくて、頑張って気を引いてみたが、ますますきょとんとするばかりで動かなかった。
川崎市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 三浦市の猫
  3. 小平市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 八王子市の猫
  2. 奥多摩町の猫
  3. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  4. 日野市の猫
  5. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた
  6. 宮古市の猫
  7. 久慈市の猫
  8. 三鷹市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP