分裂したブアイソーズ


川崎市の猫

 今日から日勤が5日間も続くと思うとうんざりして、超絶ローテンションのまま5:55に家を出た。5日間の日勤というと通常勤務に例えれば月曜日~金曜日に過ぎず、残業も皆無なので楽勝と思われがちだが、いつも細切れに出勤したり休んだりしているので、たまに連続勤務があるととても長く感じる。36協定により最長で6日間連続まで想定されているが、勤務シフト作成者が極力避けているので、よほどのことがない限りそれはない。夜勤は16:00~翌10:00の18時間勤務(医療福祉系の言い方を借りれば準夜深夜の通し)で、3回続けてやれば6日間連続勤務となる。連続勤務をだるく感じるのは、ところどころに長い夜勤が混じるからかも知れない。
 まあそんなことはどうでもいいんだが、今朝は久しぶりに南武線の西国立をゴール地点に設定して、隣の矢川から1駅だけ歩いてみた。花咲く婆さん邸の茶トラ白に会いたかったからだが、行ってみたら道路向かいの家の玄関先に張り付いていて、なだめてもすかしても微動だにせず、写真はおろか撫でることもできなかった。
 そういうわけで今朝の一発目はブアイソーズの面々。
国立市の猫

国立市の猫

 黒白以外は裏側からだと遠いので、表側に回ってみた。ここはブアイソーズ公園から50mほど離れた民家の裏庭で、公園で朝食が配られなくなってからというもの、猫たちは少なくとも二つかそれ以上のグループに分かれ、そのうち一つはここをねぐらと決めて居ついたようだ。
国立市の猫

 ここにご飯が出てくるから渋々集まっているという顔つき。ブアイソーズが無愛想なのは、そもそも猫同士があまり仲良くなかったからなのかも。
国立市の猫

 で、こちらが本家ブアイソーズ公園。今朝はいつもの黒白が1匹で佇んでいた。
国立市の猫

国立市の猫

 本家を拠点にする猫は、この黒白のほかにも何匹かいるようだ。腰巾着の茶トラ白薄色長毛二毛はしばらく見ない。
国立市の猫

 次に見かけたのは桜の猫民家のオッドアイ。安楽椅子の籠に入ってまったりしていたが、俺に気付いてこの表情。
立川市の猫

立川市の猫

 このあと怒りんぼさんの路地も覗いてみたが猫の姿はなく、今朝の散歩はわずか50分で終了した。
立川市の猫

 最後の猫は稲田堤のキジサバ兄弟。
川崎市の猫

川崎市の猫

 日差しが赤っぽくて分かりにくいが、顔を上げたのはサバトラの方。キジトラは呼んでも目を覚まさなかった。
川崎市の猫

関連記事一覧

  1. 新北市の猫
  2. 八王子市の猫
  3. 八王子市の猫
  4. 国立市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 川崎市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  2. 日野市の猫
  3. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた
  4. 宮古市の猫
  5. 久慈市の猫
  6. 三鷹市の猫
  7. 立川市の猫

    2020.10.14

    猫の気配
  8. 八王子市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP