« 10月 2019 11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2018-05-18
伸びて始まる猫たちの朝

 平山城址公園を6:10に発車する本八幡行きの各駅停車は、京王が満を持して投入した新車(5000系電車)が充当されていて、この車両のシートは座り心地が良く、一度乗ったら降りるのが億劫になるのが難点だ。今朝は中野島から登戸まで散歩するつもりだったので、分倍河原で降りて南武線に乗り換えるわけだが、もう少し乗っていたいと思うあまり、危なく調布に変更するところだった。どちらを選んでも猫はいるが、調布まで各駅停車に乗り続けると、散歩開始が遅くなってしまう。
 中野島に着いて最初に立ち寄ったのは定点の猫駐車場。ざっと見渡してみたものの猫の姿がなく、不審に思ってその辺を歩き回っていると、車の陰で怠惰にしているのを見つけた。これじゃ向こう側から見えないわけだ。
川崎市の猫

 ……で、改めて反対側に回ってみると、不穏な空気を察した白が移動を始めたところだった。
川崎市の猫

川崎市の猫

 白の目線の先には、さっきの猫仲間がいるのだろうな。こっち側から撮れるかなあ。
川崎市の猫

 「……」
川崎市の猫

 茶トラ白は近寄っても平気な子。今朝は8時の時点で25℃を超えていて、しゃがんでカメラを構えているだけで汗が噴き出てくる。
川崎市の猫

 離れた場所へ逃走したのもいた。
川崎市の猫

川崎市の猫

 せっかく寛いでいたのに悪いけど、君たちの顔を覚えておきたいので、少しだけ付き合っておくれよ。
川崎市の猫

 猫駐車場のあとは日差しと暑さにやられて集中力なし。道中見かけたのは花壇のキジ白1匹のみ。
川崎市の猫

川崎市の猫

 警戒心の強い子で、近接撮影は至難の業。塀の上から出てきたところをすかさず撮ると、その直後、見えなくなるまで逃げて行った。
 明日も日勤の予定だったが休めることになったので、一日中家に引きこもって過ごすつもり。家事が溜まっていたので助かった。
川崎市の猫

Classification tagging : | | | |