茶色っぽい朝


日野市の猫

 今日の最高気温は34.7℃だったが、朝のうちは気温の上がり方がやや鈍く、近場を散歩コースに選んだのは正解だった。今朝は先日雨で流れた豊田駅~猫物流跡地~北八王子駅を歩いた。
 猫物流には先々月も訪れたが誰にも会えず、その前となると4月に遡る。同じ日野市内なのにあまり頻繁に行けないのは、交通の便が悪すぎるからだ。日野市に限らず東京の衛星都市というのは、都心に出るための交通網は充分に整っていても、それ以外はてんでお粗末というケースが多い。市役所とか市立病院ならコミュニティバスがカバーするが、それ以外の需要は極めて低いと思われ、我が家から直接猫物流へ行ける交通機関は存在しない。
 1匹目は猫ヶ丘の高台で見かけた茶トラ白。時刻は5:55でまだ太陽が低く、路地に日が差すのは当分先。
日野市の猫

日野市の猫

 前足を中途半端に畳んでいるのが可愛らしい。毛色がキジ白だったら我が家のサチコに似ているかも。
日野市の猫

 街道へ下りる坂道でもさらに1匹発見。
日野市の猫

 この子もまだ若い。うちの近所は本当に茶トラ白が多いなあ。
日野市の猫

日野市の猫

 丸い目でこちらの様子を窺っている。この子も可愛いねえ。
日野市の猫

 スタート地点が豊田駅なので散歩開始は6:15と早かったが、猫はなかなか見つけられなかった。あらかじめそうなることを予想していたので、バスに乗る前に猫ヶ丘を回ったわけだが、あまり長い間見つからないと、強い日差しにやられて心が折れそうになる。猫物流跡地にたどり着いて猫の姿を認めた時は、砂漠でオアシスを見つけたような気分だった。
日野市の猫

 あれは4ヶ月ぶりの婆さん。
日野市の猫

日野市の猫

 車の下に父もいた。2匹とも無事に過ごしていたようで何よりだよ。
日野市の猫

 ここにたくさんの猫が遊び暮らしていたのが夢のようだ。猫物流が倒産した際、子供たち(婆さんにとっては孫たち)は片倉台に連れて行かれたという説もあり、訪ねて行きたい気持ちもないではないが、傾斜地を当てもなく彷徨う気力がどうしても湧かない。
日野市の猫

 済まんな、ヘタレで。
日野市の猫

 今朝は猫物流近くの民家でも猫を見かけて、これで茶トラ白が連続5匹目(プラス1匹逃亡)。ここまですべて日野市内だが、日野が茶猫だらけというわけではないので念のため。
日野市の猫

日野市の猫

 最後の2匹は木立の原っぱに住む黒白とキジ白。朝食後らしく、まったりした雰囲気だ。
八王子市の猫

八王子市の猫

 どちらもとても臆病なので、近接撮影はかなり難しい。今朝はこれでもだいぶ頑張っている方だ。
八王子市の猫

八王子市の猫

 今日はこれでおしまい。
八王子市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 町田市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 川崎市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 国立市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 川崎市の猫
  2. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  3. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  4. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB
  5. 府中市の猫
  6. 日野市の猫

    2020.6.27

    保護土嚢
  7. 立川市の猫
  8. 三鷹市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP