シンクロナイズドスイミン


川崎市の猫

 昨日の朝は通常通り散歩したんだが、本業の方が忙しくて、ブログを更新する気力が湧かず休載した。今朝は今朝で雨には降られなかったものの、台風20号の影響でかなり風が強かったので、無理せず散歩はお休みした。なのでこの記事で紹介するのは、昨日の朝の散歩で見かけた猫たち。
 歩いたコースは稲田堤駅~京王よみうりランド駅の約3.5km。全区間にわたって緩い上り勾配なので、真夏に歩くのはややかったるいんだが、あの辺はそろそろ梨のシーズンで、もう直売所が稼動しているころだろうと思い、散歩のついでに様子を見に行くことにしたのだった。
 家を出たのは普段通りの5:55。猫影のないアビちゃん邸を通り過ぎ、疎水を渡って少し行くと、玉石練積みの茂みの中から猫が現れた。
日野市の猫

 うちの近所は茶系が圧倒的に多く、ほかと比べると黒猫の比率はかなり低い。ここで黒猫に遭遇するのも初めて。
日野市の猫

 太くて捻れた尻尾が珍しくて、つい近寄ったら、目をまん丸にして逃げてしまった。残念。
日野市の猫

 シンクロ睡眠中の茶ファミリー。気温は23.7℃ほどで、早朝のうちなら日なたも心地良い。
日野市の猫

日野市の猫

 熟睡していないのは分かっていたよ。
日野市の猫

 稲田堤に到着したのは6:40ごろ。わざわざよみうりランドまで歩かなくても、駅の周りを丁寧に探せば、記事一回分のネタにはなるんだが、この日は梨リサーチがあるので軽く様子見。定点の猫民家に差しかかると、前方を白いのが横切った。
川崎市の猫

 常駐のオッドアイだった。目元の炎症がなかなか良くならないねえ。
川崎市の猫

 納屋の梁にも1匹。白猫だから気付いたけど、黒とかキジトラだったら見落としていたかも。
川崎市の猫

川崎市の猫

 風通しが良くて涼しそうな場所。ハンモックかけて俺も寝たいわ。
川崎市の猫

 「慣れないと引っくり返って落ちるからやめとけ」
川崎市の猫

 梁の白は黙ってこちらを見つめるのみ。
川崎市の猫

 外にもう1匹いて、この日は3匹の白猫に会えた。
川崎市の猫

 さらに散歩続行。とあるアパートの裏手で惰眠を貪る猫発見。
川崎市の猫

川崎市の猫

 呼んだら少し顔をもたげたが、眠気が勝るらしく、目は開かない。
川崎市の猫

 なので真横に回ってみた。
川崎市の猫

 最後の猫はポイントカラー。半年ほど前にもこのすぐ近くでポイントカラーを見かけたので、同一人物だと思っていたが、帰宅して写真をよく見比べたら、M字ラインの形状が微妙に違っているような気がする。近所にポイント家族が住んでいるのかも知れない。
川崎市の猫

川崎市の猫

関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 輪島市の猫
  4. 三浦市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫
  2. 相模原市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  5. 昭島市の猫
  6. 日野市の猫
  7. 日野市の猫
  8. 立川市の猫

    2020.2.13

    七三はいない

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP