子猫に逃げられる朝


相模原市の猫

 三連休最終日の今日は朝から断続的に雨が降っていて、気分も乗らなかったので猫関係業務はお休みした。サチコと一緒にお昼寝したあと、洗濯物にアイロンをかけたりして、一歩も外へ出ないまま一日が終わろうとしている。猛暑の時は、涼しければもっと色んなことができるのにと思っていたが、どういうわけか、そうなってもまったくやる気が起きてこない。11月の台湾旅行の前に引っ越しの予定を入れてしまい、準備の多さに眩暈がしているからでもあるが、かといって師走にやるのはイヤなんだよなあ……。
 まあそんなことはどうでもいいんだが、先月28日朝の散歩で会った猫たちが載せられずにいたので、今日はそちらの紹介を。この日歩いたのは、横浜線の相模原駅から京王相模原線の多摩境駅まで。とある猫民家で寛ぐ猫が1匹目。
相模原市の猫

相模原市の猫

 不用意に近寄ったら数匹の子猫が逃げていき、この子だけが残った。毛色は恐らくサバ渦白(ブルークラシックタビー白)で、俺の行動範囲では極めて珍しい毛色だ。このブログでは、ブルータビーもシルバータビーも「サバ」に分類していて、今まで唯一のサバ渦白はシルバークラシックタビー白だった。白班入りのブルークラシックタビーはこの子が初めてということになる。実は去年12月にも一度見かけているんだが、このような写真だったため模様が判定できず、当時はサバトラ白に分類していた。
相模原市の猫

 通勤途上のサラリーマンと、犬の散歩のおじさんと、猫。
相模原市の猫

相模原市の猫

 どうやらこの子は母猫のようで、近くに子猫が潜んでいるらしい。道路の真ん中で自分に気を引こうと頑張っていた。
相模原市の猫

 道中、再び数匹の子猫を見かけたものの、カメラを向けた途端に雲散霧消してしまい、次にカメラに収まったのは黄色い民家の熟女。
相模原市の猫

相模原市の猫

 慎重にやれば指の匂いぐらいは行ける子。逃げる子猫か逃げない熟女か、that is the question。
相模原市の猫

 そして三度目の正直。とある旗竿地でちょっと大きめの子猫発見。お願いだから逃げないでー。
相模原市の猫

 「あれが噂に聞くネコズキか!」
相模原市の猫

相模原市の猫

 「ネコズキにすりすりしたら、きっといいことがあるってお母さんが言ってたけど、あんなの怖くて無理だよ」
相模原市の猫

 「あなたはアプローチが下手ねえ」
相模原市の猫

 

関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 川崎市の猫
  6. 新宿区の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 八王子市の猫

    2020.7.4

    雨見散歩
  2. 川崎市の猫
  3. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  4. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  5. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB
  6. 府中市の猫
  7. 日野市の猫

    2020.6.27

    保護土嚢
  8. 立川市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP