雨間際の暗い朝


八王子市の猫

 一昨日から昨日にかけて、ここ数年記憶にないほどの頭痛に見舞われ、せっかくの三連休のうち二日間は床に伏せて過ごす羽目になった。初日とて雨に濡れながらの散歩であり、上々の連休だったとは言えないが、馴染の猫たちには会えたからまだ良かった。猫民家であろうと猫公園であろうと、そこに猫がいて当然と思ったことはなく、たまに顔を出すだけの俺が猫に会えるのは、彼ら自身の運と周囲の人々の親切のお陰だ。
 連休を終えたあとの天気予報は非常に芳しくなく、今日から明後日まで終日にわたって雨で、朝のうちだけ少し上がるかどうかという程度。今朝も雨に当たることはなかったものの、6時半になってもかなり暗く、猫を探してカメラに収めようというコンディションではなかった。一応4匹は見つけたけれども。
八王子市の猫

 バレておったか。
八王子市の猫

 ここは八王子の歓楽街。不穏な空気を感じた黒白は目を覚ましてしまった。
八王子市の猫

八王子市の猫

 空っぽのコインパーキングではレッドポイントがぽつねんとしていた。
八王子市の猫

 以前は快くモデルになってくれたんだが、最近はカメラを向けると逃げるようになってしまった。それでなくても暗いのに、ビルの隙間じゃ余計辛いよ……。
八王子市の猫

 こちらは元からカメラ絶対拒否の三毛。背後からそおっと近寄って、ピントを合わせて、気づいて振り向いたところをすかさず一枚。
八王子市の猫

 ……で、一瞬ののち、こうなった。
八王子市の猫

八王子市の猫

 傍らで一部始終を見ていた若い三毛。今度来たら君にもお願いしようかな。
八王子市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 八王子市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 福生市の猫
  6. 江東区の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 相模原市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  4. 昭島市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 日野市の猫
  7. 立川市の猫

    2020.2.13

    七三はいない
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP