矢印くっきり


立川市の猫

 数日前まで固く閉ざされていた桜の蕾が、今日あたりは少し緩んで、中にはわずかにピンク色が見えているものもあった。気温も21.2℃まで上がって暑いくらいで、こうなってくると展開は速く、来週半ばぐらいには見ごろを迎えているかも知れない。あいにく俺はそのころ夜勤の連続なので、舞い散る花びらに遊ぶ猫たちを記録することは難しいと思うが、一度くらいは仕事中に気絶することを覚悟で、朝から散歩に出かける可能性もある。すべてはその時の気分と体調で決まるだろう。
 今日の散歩は立川北口からモノレールの高松まで。まっすぐ歩けば1.4kmほどの距離だが、再開発の進んだ北口を正直に歩いても、猫なんかそうそういやしない。あっちふらふらこっちふらふらして4.6km歩いた結果、道中8匹の猫に遭遇し、そのうち2匹に逃げられた。
 最初に立ち寄ったのは上矢印邸。門扉の内側に相方の黒白がいた。
立川市の猫

立川市の猫

 車の陰に上矢印ちゃんもいた。これだけ近寄れたのは去年の夏以来で、ほとんどの場合、壁際でひっそりして動かない(一例)。毛並みは上々で、眉間の上矢印もいい感じだ。
立川市の猫

 「基本的に私たちお寝坊さんなの」
立川市の猫

 猫旅館のはす向かいで惰眠を貪る猫発見。
立川市の猫

立川市の猫

 頑張ってプスプス言ってみたものの微動だにせず、その辺を一回りして戻ったら寝返りを打っていた。こいつは常駐のイケメン茶トラ
立川市の猫

 路地だらけの住宅街に入り、横丁を一つ一つ確認しながら歩いていると、奥の方で転がっているのが見えた。
立川市の猫

 あらら、バレてーら。
立川市の猫

立川市の猫

 全身が炎症を起こしていて、遠目にはポイントカラーに見えるほどだったが、こいつは白。2015年12月の写真ではまだほとんど目立たないが、お尻のあたりに兆候があり、もともと皮膚の弱い子なのかも知れない。
立川市の猫

 細い路地に密集した住宅街を抜け、あとは高松駅へ向けて一直線。行く手に巡回中と思しき猫発見。
立川市の猫

立川市の猫

 ああっ、行かないでー。
立川市の猫

 車の下へ避難したところを何とか捕捉。顔面のT字型の黒班が個性的。
立川市の猫

 垣根のたもとで猫が寛いでいた。
立川市の猫

立川市の猫

 以前この近くでフレンドリーなぱっつん頭に会ったことがあり、この子も行けそうな気がして近寄ってみたが、ものの見事に逃げられた。思い込みは事故のもと。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 新北市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

管理人の病気加療のため、7月7日(火)から1週間程度、ブログをお休みいたします。再開時期はTwitterでご案内いたします。毎日7:00に過去の記事がランダムにツイートされますので、お休み期間中は併せてそちらもお楽しみください。

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫

    2020.7.6

    療養生活へ
  2. 昭島市の猫
  3. 八王子市の猫

    2020.7.4

    雨見散歩
  4. 川崎市の猫
  5. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  6. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  7. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP