妹分AとB


福生市の猫

 今秋の台湾猫旅は行き帰りの飛行機だけ予約してあって、滞在中の旅程は確定していなかったが、一昨日台湾の国内便(高雄→花蓮)を予約したことで、ほぼ大枠が固まった。飛行機の苦手な俺がわざわざ短距離の国内便を利用するのは、総大理石作りの花蓮空港をもう一度見てみたかったからだ。花蓮空港は2014年12月にも一度利用しているが、あの時は初めての台湾(というか海外旅行自体が初めて)で、慣れないくせに国際線から国内線に乗り継ぐ旅程を組んだため、若干テンパっていてよく覚えていないんである。しかもそれから間もなく、復興航空の同型機が基隆河に墜落したりもして、彼の国で飛行機を利用することに及び腰になっていた。宿泊予定地だけ書いておくと、彰化県和美鎮、嘉義県竹崎郷、高雄市鹽埕区、宜蘭県蘇澳鎮の順で4泊5日。宿の予約はなるべく自力でやりたいが、あちらの民宿は料金の半額を事前に振り込む必要があるので、台湾在住の人に代行してもらうかも知れない。
 一日だけのお休みだった今日の散歩は、福生の盛り場をちょっとだけ歩いてきた。行き先はほかにも候補があって、その中にはもちろん京王線猫行脚の厚い壁・代田橋も含まれていたが、あまり体調が良くなかったため、最近ご無沙汰で、なおかつ距離の短い方を選んだ。
 昨日からずっとそこにいたかのように、黒煙ちゃんの相方が今朝も佇んでいた。
府中市の猫

 昨日は真正面から近づいて逃げられたので、まずは横から1枚。
府中市の猫

 きれいなグリーンアイを少し見開いたけど、何とか持ち堪えた。アプローチは大切ね。
府中市の猫

 近所のポイントさんは巡回中。こちらはきれいなブルーアイ。
府中市の猫

府中市の猫

 福生の歓楽街で最初に見かけたのは頭上の黒白。予想外の場所だったのでのけぞってしまった。
福生市の猫

 向こうも驚いているみたいね。
福生市の猫

 左側の外階段はクリーム猫の縄張りだった。見なくなって1年半近くになる。
福生市の猫

 定点の小便禁止駐車場。はるか向こうに踊り子さんの妹分が見えている。
福生市の猫

福生市の猫

福生市の猫

 サイクルポートの屋根の下にもう1匹の妹分がいた。知り合ったのはこの子の方があと(2012年5月)なので、言うならば妹分B。
福生市の猫

 「なるほど」
福生市の猫

 そしてこちらが妹分A。初めて見かけたのはBに先立つこと2ヶ月の2012年3月
福生市の猫

 2匹合わせてABシスターズ。
福生市の猫

 その後の散歩も二毛が続く。
福生市の猫

福生市の猫

 こちらは1年10ヶ月ぶりの福サビ1号。何度来てもいないから、もう会えないと思ってた。
福生市の猫

福生市の猫

 この子もさっきの黒っぽい二毛もよだれが出ていた。口内炎が悪化しているのかも知れない。
福生市の猫

 最後に見かけた黒白は犬歯が黒い子?
福生市の猫

 おお! 下顎の齦頬移行部に黒斑が生じていたのね。
福生市の猫

 ホンモノの犬歯は全部抜けちゃってた。意外にお年を召している?
福生市の猫

福生市の猫

関連記事一覧

  1. 日野市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 国立市の猫
  5. 基隆市の猫
  6. 日野市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫
  2. 相模原市の猫

    2020.4.2

    童顔三毛
  3. 立川市の猫

    2020.3.31

    桜と茶トラ
  4. 日高市の猫

    2020.3.30

    和平成る
  5. 多摩市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 日高市の猫
  8. 昭島市の猫

    2020.3.24

    3号4号

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP