峠のこっちと向こう


八王子市の猫

 今日の八王子地方は梅雨の湿度を維持したまま、日差しと南風で31.4℃まで気温が上がったため、夜勤明けの散歩はかなりきつかった。日が翳っている前提で、はるひ野〜黒川を散歩コースに選んだのは完全な失敗で、1匹たりとも猫に会わなかっただけでなく、わずかに残っていた体力すら丘陵地の坂道に奪われ、今日はブログを休載するつもりで多摩センターに戻った。
 パルテノン通りのカメラ屋に寄って、猫温泉に送る写真パネルを引き取り、聖蹟桜ヶ丘駅行きのバスに乗ったのは11時半。いつも利用している桜62ではなく、たまたま先に来た別経路のバスに乗って気づいたのは、この系統は六花咪の住む谷戸の公園を経由するということ。それならちょっと覗いてみようと思い、次のバス停で降りて、ねぐらへ向けて再び歩き始めた。
八王子市の猫

 ここは坂の途中の団地アパート。先週会ったばかりの黒白が木陰で寛いでいた。
八王子市の猫

八王子市の猫

 車の下へ遠ざかってしまった。臆病なのであまり近寄れない子。
八王子市の猫

 峠を越えて、谷あいの緑道を上から覗くと、常駐の黒白の背中が見えた。
多摩市の猫

多摩市の猫

 この季節は蚊が大発生するので、とても長時間はいられない場所。黒白はここで誰かを待っているのだろうか。
多摩市の猫

 谷底に下りればもっと湿気のない衛生的な場所はあるんだが、それでもこいつはここにいることが多い。六花咪とはあまり仲が良くないので、距離を置いているのかも知れない。
多摩市の猫

 谷底から猫の鳴き声。噂をすれば影。
多摩市の猫

多摩市の猫

 階段を駆け上がってきた六花咪。こいつもだいぶ蚊に刺されてるな。
多摩市の猫

 ここには君たちだけなんだから仲良くしなきゃダメだよ。
多摩市の猫

 黒白は憮然としている。
多摩市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 会津若松市の猫
  4. 川崎市の猫
  5. 国立市の猫
  6. 八王子市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 府中市の猫
  2. 日野市の猫

    2020.6.4

    鉄道沿線
  3. 昭島市の猫
  4. 新宿区の猫
  5. 多摩市の猫
  6. 川崎市の猫

    2020.5.29

    三毛二態
  7. 小金井市の猫
  8. 日野市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP