昨日の続きは七三再び


立川市の猫

 昨日は21時ぐらいに眠くなって我慢できなくなったので、猫写真の編集を途中でやめて寝てしまった。なので今日はその続き。
 ところで、今般一身上の都合により転職することにした。現在の職場は11月20日までで、12月3日から新しい職場に変わる。今まで平日の猫散歩は北多摩・西多摩が中心だったが、通勤先が東陽町なので、散歩エリアもそちらに移ることになる。JRを使えば立川周辺に立ち寄ることもできるが、中央線は遅延が多すぎて当てにならないので、西武拝島線を使うことになると思う。場合によっては引っ越すことも視野に入れている。
 とても淋しいんだが、1年半近くに渡って親しんできた会社周辺の猫たちとも、間もなくお別れしなければならない。これから約1ヶ月の間は、そんな猫たちと名残を惜しみつつ過ごそうと思っている。
 では改めて昨日の朝の続きから。ラブホ横丁から七三の縄張りを経由して、南武線の線路端にやって来た。寒くなってきたので、そろそろ生首猫でも出ているかなと思ったが、塀の上にいたのはシナモン君。
立川市の猫

立川市の猫

 相方の耳曲がりも現れた。
立川市の猫

 あれ、生首もいるじゃないの。塀の陰になって気づかなかったよ。
立川市の猫

立川市の猫

 顔だけ出して朝日に当たるには、まだ少し寒さが足りないかな。
立川市の猫

 シナモンその他の向かいの建物にも1匹いた。立派な尻尾だね。
立川市の猫

立川市の猫

 東へ向かってしばらく歩くと、アパートの塀の上にキジトラ発見。
立川市の猫

立川市の猫

 出動!
立川市の猫

 ごろーん。
立川市の猫

 ごろーん。
立川市の猫

 「さあ、出すもの出してもらおうか」
立川市の猫

 あいにく猫が喜ぶようなものは持っていないので、そそくさと辞去して次の猫。猫アパートの前でサバ白が佇んでいた。
立川市の猫

立川市の猫

 民家の屋根に猫発見。
立川市の猫

 工務店の毛玉三毛。今年も屋根に登る季節になったんだなあ。
立川市の猫

 会社近くまでたどり着くと、駐車場で茶トラが毛繕いしていた。
立川市の猫

 「ん?」
立川市の猫

 「おっと、それ以上近寄るのはナシだぜ」
立川市の猫

 お昼休みは七三探し。コインパーキングに子供Bが出ていた。
立川市の猫

立川市の猫

 向かいの家では母がおっぱい中。
立川市の猫

 去年も似たような情景の写真を撮ったが、あの時母に寄り添っていたのは子供Bだった。時間の経つのは早い。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 川崎市の猫
  2. 福生市の猫
  3. 日野市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 八王子市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫
  2. 相模原市の猫

    2020.4.2

    童顔三毛
  3. 立川市の猫

    2020.3.31

    桜と茶トラ
  4. 日高市の猫

    2020.3.30

    和平成る
  5. 多摩市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 日高市の猫
  8. 昭島市の猫

    2020.3.24

    3号4号

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP