泣き別れの多摩川沿岸


多摩市の猫

 多摩川ネタばかりで恐縮だが、散歩コースの宝庫なので流域を訪ねる機会は多い。夜勤明けの今日は多摩モノレールに沿って、多摩センター〜松が谷、甲州街道〜万願寺という二つの区間を歩き、そのうち後者が多摩川流域のコースだった。
 昔から多摩川沿岸に住んでいる人にとっては今さらの話だが、この川の流域には、自治体が異なるにもかかわらず、左岸と右岸で同じ名前を持つ町丁がいくつもある。例えば国立市石田と日野市石田、府中市押立町と稲城市押立、調布市布田と川崎市多摩区布田、世田谷区宇奈根と川崎市高津区宇奈根、世田谷区等々力と川崎市中原区等々力などなど。これはかつて多摩川が暴れ川で、氾濫のたびに流路を変え、もともと一つだった集落が、川を挟んで泣き別れになったことが原因だ。タモリ的な散歩が趣味でもある俺は、こうした土地を訪ねるついでに猫を探したりもしていて、今日の散歩では、それらの中で未だ猫を発見できていない日野市石田を絡めてみた。ちなみに対岸にある国立市石田は、国立市の町名整理審議会の答申で名称が消滅することが決まっていて、現在は矢川駅近くにほんのわずかな面積を残すだけとなっている。猫はすでに見つけてブログにも載せており、こうした形であっても、古い地名を記録に残せたことは良かったと思っている。
 一つ目の多摩センターから松が谷は六花咪に会いたくて訪ねた区間。舌を鳴らしながら谷筋を歩いていると、にゃあにゃあ鳴きながら階段を駆け上ってきた。
多摩市の猫

多摩市の猫

 ロックオンした六花咪はどこまでも追ってくる。
多摩市の猫

 俺が止まると六花咪も止まる。可愛いねえ。
多摩市の猫

多摩市の猫

 この季節になってもまだ蚊がたくさんいる。あんまり長居はできないねえ。
多摩市の猫

 六花咪の首筋に蚊。カメラを構える俺の右手にも蚊。今日は息が合っている。
多摩市の猫

 先日橋の下で見かけた黒白が今日は橋の上にいた。
八王子市の猫

 先日は毛並みが荒れていたけど、今日は割といい感じ。過ごしやすい季節になったからかな。
八王子市の猫

 松が谷からモノレールに乗り、甲州街道に到着したのは11:47。駅を出てほどなく、こちらを睨む麦わらに行き会った。
日野市の猫

日野市の猫

 初対面でそんなに睨まれるほど悪いことしてないつもりなんですが……。
日野市の猫

 一方こちらは定点の猫拠点。常駐の2匹が地面でまったりしていた。
日野市の猫

日野市の猫

 のほほん顔の大白斑キジ白。三毛はとっとと逃げた。
日野市の猫

 かつて「日野の猫民家」と呼んでいた猫民家前で久しぶりに猫を見た。
日野市の猫

 まだ若い感じのキジトラ。ここに数多くの先達が暮らしていたことをこの子は知らないのだろうなあ。
日野市の猫

 初めての石田猫(日野側)は茶トラだった。
日野市の猫

日野市の猫

 お願い、もうちょっと前へ頼むよ。
日野市の猫

 「やなこったい」
日野市の猫

 資材置き場で寛いでいるのもいた。あれも茶トラかな。
日野市の猫

日野市の猫

 さっきのと似た毛色だけど、こちらの方がやや薄く見える。カメオタビーというやつかな。
日野市の猫

 石田という土地は日野側が本家で、もともと藩政村の石田村だったところ、17世紀末ごろ多摩川の氾濫により一部住民が対岸へ移り住み、国立側に石田村飛び地ができたそうだ。石田村飛び地は1889年に近隣の谷保村、青柳村と合併し谷保村となり、その後の人口増加に伴い1951年に国立町へ、1967年に国立市へと昇格している。国立市としては、石田は「谷保に比べると歴史は浅い(答申)」ので、地名を残すには至らなかったとのこと。昔会った国立市石田の猫は、日野市石田の猫の末裔だったりするんだろうか。
日野市の猫

関連記事一覧

  1. 福生市の猫
  2. 瑞穂町の猫
  3. 府中市の猫
  4. 府中市の猫
  5. 杉並区の猫
  6. 東村山市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 八王子市の猫

    2020.2.24

    夕張とは違う
  3. 府中市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 相模原市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  8. 昭島市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP