淋しい確認


府中市の猫

 今日は一日だけのお休みで、天気もそう悪くなかったことから、出勤日にはなかなか行けない猫物流跡地を訪ねてみた。かつては猫の楽園と化していた猫物流一帯だが、2014年春に会社が潰れ、多くの猫が四散する中、2匹の子猫だけは社長が引き取り、茶トラ白の婆さんは現地に残された。その後も元従業員が毎日車で通って面倒を見続けていたらしく、今年5月までは事務所跡の駐車場にいたが、それ以降は姿を見なくなった。分倍河原からでは頻繁に行くこともままならず、それでも天気のいい日を選んでは訪ねてみたものの、何度行ってもいない。これはそろそろ諦めるべきではないだろうかと思い始め、最終確認のつもりで出かけてきたのだった。結論から書くと今日も会うことは叶わず、かつて定番だった豊田〜北八王子という散歩コースは、コース全体の猫影も極めて薄くなっていることから、今後歩く機会はなくなっていくものと思う。
 家を出たのは8時半。黒煙邸の玄関前にキジトラが座っていた。
府中市の猫

 たまに見かける猫だが、ものすごく警戒心が強く、撮影に成功することは稀。2枚目のシャッターを切った時には、すでにこの有様だった。
府中市の猫

 駅へ向かう前に猫拠点をもう一箇所。
府中市の猫

府中市の猫

 弱い日差しで背中を温める2匹。
府中市の猫

 ポイントさんはより顔の色が濃くなったかな。ポイントカラーを発現するsiamese遺伝子は基本的に毛色を白くするが、体温の低い部位ではうまく働かないので、鼻先や尻尾、耳朶などにオリジナルの毛色が残り、いわゆるシャム猫然とした姿になる。気温にも影響を受け、寒い冬場はわずかながら毛色が濃くなる傾向がある。
府中市の猫

 その後、猫物流どころか、豊田駅からそこへ至るまでにも1匹の猫に会うことなく、今日の予定コースを歩き切ってしまった。仕方がないので少し足を延ばして、とある猫住宅街に助けを求めた。
 日陰に黒がいるのが分かるかな。
日野市の猫

 「クロちゃん遊ぼー」
日野市の猫

 「ク・ロ・ちゃん! 可愛い彼女が遊ぼうって言ってますよー」
日野市の猫

 生返事のクロちゃん。こちらの動向が気になるみたいね。
日野市の猫

日野市の猫

 ……そして、敢えなく逃亡。
日野市の猫

 君のカレシはちょっとヘタレすぎるね。
日野市の猫

 「俊敏なところに惚れたのに、逃げ足が速いだけとは」
日野市の猫

 「全部聞こえてるからな」
日野市の猫

 最後の猫はとても悩ましい毛色。逆光なので分かりにくいが、盛大にティッピングが生じていることは間違いないので、このブログの分類的には「まだら」。より詳しくは、黒い部分に模様がない(つまりaaのノンアグチ)ことから、長毛サビがスモーク化したものと思う。レッドが明確に確認できないのは、ティッピングが大きすぎて分かりにくいからだろう。
日野市の猫

 今日の猫は以上。
日野市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 府中市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 府中市の猫
  2. 日野市の猫

    2020.6.4

    鉄道沿線
  3. 昭島市の猫
  4. 新宿区の猫
  5. 多摩市の猫
  6. 川崎市の猫

    2020.5.29

    三毛二態
  7. 小金井市の猫
  8. 日野市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP