疎水と黒白


立川市の猫

 今日は年内最後の日勤で、日の出時刻は猫探しにはかなり厳しい6:50。これが最も遅いと思いきやあに図らん、1月2日からは6:51となってそれが11日間続く。次回の日勤は1月7日なので、その時はより厳しい猫散歩を強いられることだろう。
 とはいえ今シーズンは例年と違って、朝の気温があまり下がらない。八王子アメダスの場合、12月は氷点下3℃~5℃程度まで下がるのが普通だが、今シーズンは昨日まで氷点下1℃にも達せず、今朝になってようやく氷点下1.4℃まで下がった。外に出てみると草花には霜が降り、疎水には川霧ができていたが、泣きが入るほどの寒さではなかった。ただし日の出直後の散歩だったので、見かけた猫は少なかった。
 ブアイソーズの縄張りには猫一匹おらず、さらに10分歩いた参道で最初の猫を発見。
国立市の猫

 近寄ったら民家の敷地に隠れてしまった。
国立市の猫

 次の猫は30分後。疎水の水を飲んでいた。
立川市の猫

立川市の猫

 逆光側に回ってみた。気温より水温の方が高いので、水面から蒸気が上がっている。
立川市の猫

 一応顔見知りなんだが、目も合わせてもらえなかった。
立川市の猫

 定点の猫民家には黒白1号の姿があった。
立川市の猫

立川市の猫

 この場所はお友達の飛び三毛とシェアしているはずだが、彼女は最近さっぱり見かけない。もう少し日が高くなれば、どこかから現れるのだろうか。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 国立市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 川崎市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 日野市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫
  2. 相模原市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  5. 昭島市の猫
  6. 日野市の猫
  7. 日野市の猫
  8. 立川市の猫

    2020.2.13

    七三はいない

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP