暑い大晦日


日野市の猫

 今日は朝から晴れ上がり、職場の窓から見る景色は澄んでいて、たくさんの猫に会える予感がしていた。明日がお休みなら時間をかけて散歩したいところだったが、あいにく元旦も夜勤なので無理はできない。職場から行きやすく、家に帰りやすい場所ということで、モノレールの甲州街道駅からJRの日野駅まで歩くことにした。
 10時の退勤時刻になって外に出てみると、思っていたより暖かいというか、暑いくらいになっていた。歩いているうちに気温はさらに上がり、結果的には八王子アメダスで最高気温17.8℃を記録するまでになった。夕方以降は強い北風が吹き、気温は急激に下がっているが、日中は暑くて長い時間歩き続けることができなかった。
 猫の方はぼちぼちと出ていたが、K-5の操作に慣れていなくて、撮り損ねたのがかなりいた。特に動き回っているのはダメで、そうした状況に合わせて事前にモード設定してあるんだが、長い間触っていなかったせいで、呼び出す方法が思い出せなかった。
 そういうわけで今日の猫の多くはまったりさん。散歩開始3分後に1匹目を発見。
日野市の猫

日野市の猫

 目を閉じて気持ちよさそうにしている。俺もこの時はまだ余裕だった。
日野市の猫

 ちなみにこいつは顔見知り。懐きもしないし逃げもしない。
日野市の猫

 民家の裏庭でキジトラが毛繕いしていた。
日野市の猫

日野市の猫

 お互いに出方を窺っているところ。猫との遭遇にはつきものの微妙な時間。
日野市の猫

 そして、ごろーん。
日野市の猫

 一年の締めくくりに相応しい、軽やかなごろーん。
日野市の猫

 カメラは苦手だったか、ごめんごめん。
日野市の猫

 次の猫は築堤脇の定点で。いつものことながら、鉄道写真ではごさらん。
日野市の猫

日野市の猫

 せっかくの天気なんだから、日なたに出てくればいいのに。
日野市の猫

 「だって暑いんだもの」
日野市の猫

 令和元年の最後を飾るのは母子と思しき3匹。いちばん奥の三毛は遠いので諦めた(自転車のところ)。
日野市の猫

日野市の猫

 手前のサビが母で、あとの2匹が子猫。今年は夏から秋にかけての風水害や、冬の高温など、温暖化を実感する年だったが、猫の繁殖時期も例年とは違っていて、年中どこかで子猫に会っていたように思う。来年はもっと暑くなるのだろうか。
日野市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 江東区の猫

お知らせ

管理人の病気加療のため、7月7日(火)から1週間程度、ブログをお休みいたします。再開時期はTwitterでご案内いたします。毎日7:00に過去の記事がランダムにツイートされますので、お休み期間中は併せてそちらもお楽しみください。

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫

    2020.7.6

    療養生活へ
  2. 昭島市の猫
  3. 八王子市の猫

    2020.7.4

    雨見散歩
  4. 川崎市の猫
  5. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  6. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  7. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP