午後の再訪


国立市の猫

 昨夜は多摩センターで新しい職場の懇親会があった。午後からボーリング大会で、その後食事会という流れだったが、腰が痛いのでボーリングは辞退して、食事会だけ参加した。今日はこれから音楽関係知人と府中で飲む。
 昨日の猫関係業務は14時すぎからの谷保散歩。9月15日の朝にも歩いたコースだが、日差し的に夕方の方がきれいに撮れるだろうということで、もう一度歩いてみた。
 最初に向かったのは疎水べりのとある民家。南向きの入口に、先日も会った白が佇んでいた。
国立市の猫

 この子はとても人懐っこい子。もう鳴いてる。
国立市の猫

国立市の猫

 写真では分からないけど、前足ふみふみ中。
国立市の猫

 やっぱり午後に来て正解だったなー。
国立市の猫

 前回会ったもう1匹の茶トラ白は不在だった。
国立市の猫

 さっきの白と遊んでいるうちに腰痛が悪化してきて、よたよた歩いて公園に到着。この日いたのは、9月15日に見かけたのとは別の白が1匹。近所の子供が遊んでいるので、目立たない場所で待機中。
国立市の猫

 「早く終わらないかなあ」
国立市の猫

 時刻は15時すぎだが晩秋の午後はすでに影が長い。その影の中からこちらを眺めているのが1匹。
国立市の猫

 ……その前に、脇道でうごめく2匹を発見。
国立市の猫

 奥でごろーん中だったキジ白。近寄ったらお澄まししてしまった。
国立市の猫

 さっきの日陰からやって来た、まだらの黒白。一緒に遊びたいの?
国立市の猫

 「いや、あんたとじゃないから」
国立市の猫

 当初の予定では谷保駅に向かうつもりだったが、もう少し頑張って西府まで歩くことにした。マンションの欄干に黒いの発見。
府中市の猫

府中市の猫

 やって来たのは古墳の神社。回廊に見覚えのある茶白が2匹。
府中市の猫

 キジ白もいた。
府中市の猫

 この子は、2匹いるレッドクラシックタビー白のうちの1匹。
府中市の猫

 もう1匹のレッドクラシックタビー白。鉢割れ方がさっきのとそっくりなので、見分けにくい。こちらは右前足に茶色が入っている。
府中市の猫

 背中を見ればすぐ分かるんだけど。
府中市の猫

 この子は普通の茶トラ白。レッドマッカレルタビー白ってやつだな。
府中市の猫

 しばらく見ないうちに、ずいぶん大きくなったねえ。初めて会った時はこんなだったのに。
府中市の猫

 ほかにも黒白の子と、三毛のお母さんがいるはずなんだが、この日も不在だった。できれば転職前に会っておきたいな。
府中市の猫

府中市の猫

関連記事一覧

  1. 日野市の猫
  2. 川崎市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 福生市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 川崎市の猫

    2020.6.6

    夏の始まり
  2. 府中市の猫
  3. 日野市の猫

    2020.6.4

    鉄道沿線
  4. 昭島市の猫
  5. 新宿区の猫
  6. 多摩市の猫
  7. 川崎市の猫

    2020.5.29

    三毛二態
  8. 小金井市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP