親子で雨宿り


昭島市の猫

 朝から雨模様だった今日は散歩をお休みしてゆっくり出勤しようと思っていたが、写真が撮れないほどの荒天ではなかったので、いつも通り仕度して正午ごろ家を出た。会えそうな猫に当てがあるわけではなく、自転車を漕ぎながらどこへ行くか考えた結果、恐らく小屋の中で寝ているであろう某巨大公園のスーダラ1号を訪ねてみることにした。虫の居所が悪ければどうやっても出てきてくれないが、運が良ければ濃厚にすりすりできる可能性もある。あいつの業務は来園者に撫でられることであり、係長亡きあともそれは変わっていない。土曜日とはいえこんな天気では来園者も少ないだろうから、暇を持て余しているに違いない。
 そんな思惑で西立川駅に降り立ったのは12時半すぎ。予想よりだいぶ激しい雨の中、ねぐらの小屋を覗いてみたもののもぬけの殻で、その辺を探し回っていると、少し離れた場所に新たな小屋が設置されていて、気配を察したスーダラ君が出てきたところだった。
立川市の猫

立川市の猫

 飛び散る雨水で濡れないよう傘でガードして、時間をかけて撫でてやった。
立川市の猫

 今日のスーダラ君はとりわけ懐いてくる。
立川市の猫

立川市の猫

 背後の猫小屋は切妻屋根の大きなもので、前後に出入口が設けられ、2世帯(?)が背中合わせに入居できるようになっていた。こいつは淋しがり屋だから、お友達がいればいいのにと思う反面、誰かが捨てにでも来ない限り、ここに猫が増えることはないのだよなあ。
立川市の猫

 スーダラ1号のあとは悪天候なりにぼちぼちと。先々月も見かけたエリザベスカラー付きの黒白が今日も同じ場所にいた。
昭島市の猫

 2ヶ月経って外構工事も終わり、あとは入居を待つだけのようだ。こいつはここで誰を待っているのだろう。
昭島市の猫

 とある民家のカーポートで猫の母娘が雨宿りしていた。
昭島市の猫

 母が二毛で娘は三毛。小さな白斑以外はそっくりな2匹。
昭島市の猫

 近寄ったら車の下に引っ込んだ。母は背後霊となったまま出てこない。
昭島市の猫

昭島市の猫

 離れると出てきて、近寄ると背後霊。これを何度か繰り返して諦めた。
昭島市の猫

 その後、立川駅北口行きのバスに乗り、いつものようにいくつか手前のバス停で降りて、茶猫タウン北の路地を覗いてみた。
 茶色じゃないのがいるのが分かるかな。
立川市の猫

立川市の猫

 小さなお鉢を前に佇むのは常駐の黒白。人妻邸にも寄ってみたが、そちらのお鉢は食い散らかしたまま放置されていて、本人はどこかに隠れて見えなかった。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 奥多摩町の猫
  3. 八王子市の猫
  4. 江東区の猫
  5. 立川市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 狛江市の猫

    2020.12.1

    灰色爺さん
  2. 日野市の猫
  3. 府中市の猫

    2020.11.29

    クロエさん
  4. 府中市の猫
  5. 昭島市の猫

    2020.11.27

    パイプの季節
  6. 日野市の猫

    2020.11.26

    不変の縄張り
  7. 日高市の猫
  8. 日高市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP